カードローン組むのに転職したら審査に不利?

カードローン組むのに転職をしていたら審査に通りにくくなるってホントですか?こないだ友達と久しぶりに飲み会をして、その時に友達がそんなことを言っていました。その友達が言うにはカードローン組む時には勤続年数を書く欄があって、そこが半年しかなかったからカードローンを組めなかったと言っていました。

カードローンを組む時に勤続年数ってそんなに大事なことなんですか?そうしたら就職したばかりの新卒の子たちは正社員でも勤続年数が短いからカードローンを組むことができないのですか?

カードローンはその人を信用してお金を貸す

カードローンを組む時には保証人が要りません。保証人が要らないというコトは、その人だけを信用してお金を貸すのです。それがカードローンのメリットですよね。お金を借りたいと思った時に保証人を探さずにお金を借りることが出来るのですから気軽で助かりますよね。(参考ページはこちら→保証人という立場はどんなもの?

そこで申し込んだ人がお金を返してくれる人かどうかを信用する手段として勤務先や勤続年数などの情報は重要なモノなのです。勤務先が公務員や大手の企業ということだと審査に有利になります。公務員や大手の企業は倒産しにくく中小企業や自営業と比べると収入が安定しています。そのためお金を貸す側も安心してお金を貸すことができるのです。

また勤続年数も重要で、勤続年数が短いと安定した収入があるとは言い難いのです。実際、新卒で就職したばかりの人というのは審査に通りにくいです。それは本当にその職場でずっと働くのかということに不安があるからです。急に仕事を辞めてしまったら収入がなくなるのでお金を返済してもらえない可能性が出てきます。お金を貸す側としてはそういったリスクは背負いたくありません。そのため勤続年数が短いというコトは審査に不利になるのです

転職ももちろん同じです。転職を繰り返している人は社会人としての信用は低いです。反対に同じ会社に何年も勤めている人というのは簡単には仕事を辞めないだろうという信用ができるのです。カードローンを組む時の目安としては勤続年数3年は欲しいところですね。

近年では年功序列もなくなって転職する人というのは多いですがカードローンでお金を借りるという面ではデメリットとなるので注意が必要ですね。

転職するときにカードローン組むのに気をつけること

転職が決まった時にカードローンを組む時に気をつけることは、転職をする前にカードローン組むようにすることです。カードローンの審査で重要視されるのは、勤続年数と収入です。特に勤続年数は返済能力と直結するために、重要視されます。転職をしてしまうと、この勤続年数がリセットされてしまうために、カードローンの審査において不利になってしまう場合があるからです。(参考ページはこちら→勤続年数とカードローン審査の関係

返済能力で重視されるのは勤続年数ですが、収入も大切です。安定した収入も返済能力に関わってくるために、必要なのです。次の職場で働くまでの空白期間においては、この収入が無くなってしまうために、審査が厳しいものとなってしまいます。そのために元の職場で働いている最中にカードローンの利用を開始することをおすすめします。

既にカードローンを組んでいる場合には、元の職場で働いている最中に、カードローンの増額をしていおくことをおすすめします。カードローンの増額では、返済能力が特に問われることになります。そのため勤続年数と収入がさらに重要になるために、転職後の勤続年数がリセットされた状態では、この増額の審査を通ることは特に難しくなってしまうからです。次の職場で働くまでの空白期間の出費の足しにするためにも、働いている時にこのカードローンの増額の審査を申し込んでおくことをおすすめします。

転職するときにカードローン組む時に気をつけることは、勤続年数がリセットされてしまうことと、働くまでの間の期間は収入が無いということです。これらの問題を解消するためには、働いている最中にカードローンを組むか、またはカードローンを組んでいる場合には、増額の審査を申し込むことです。カードローンの審査は勤続年数や安定した収入が無いと組むことが難しくなってしまうために、勤続年数や収入があるうちにカードローンを組むことが得策なのです。そのために今の職場で働いている最中に、カードローンを組むことをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.