カードローンは契約だけでも金利がかかるか

キャッシングベスト3

カードローンを使わない場合は金利ってかかりませんよね?

今働いているところが、経営が危ないらしくて不安な毎日です。もしも何かあった時に困らないよう、今からカードローンの申込をしておこうかなんて、同僚と話しているところです。
(⇒備えとしてあれば嬉しいカードローン

ところでカードローンって、持ってるだけでは手数料とか金利とかかかりませんよね?できれば使わずに済ませたいので、コストがかからないカードローンがありがたいです。

カードローンは借りなければお金は1円もかかりません!

何かあった時の為にカードローンを契約しておこうと考える人は少なくありません。特に失業の不安を抱えている人にとって、万が一の時のためのカードローンはとても心強い存在です。しかし無職になってからではカードローン申込はできませんから、できれば今のうちに契約だけでもと思う方もいるんじゃないでしょうか。

でも契約するだけで費用がかかるんじゃないかと心配な方もいるかもしれませんね。でもそんな心配は無用です。カードローンは、申込手続きについても一切お金はかかりませんし、その後利用せずに持っているだけならばコストは1円もかかりませんよ。これならば、誰だって安全対策としてローン用のカードを是非1枚は持っておきたいと思いますよね。

お金に困ったときに「いざという時はカードローンを使える」と思うだけでも、とても心強いものです。特に一旦無職になってしまうと、普通の業者で申込をすることがでいません。恥を忍んで知り合いに借りに行かなくてはならなくなったり、普通ならば手を出さないような業者で借りることを考えなくてはいけなくなるかもしれません。その精神的な負担も大変大きくなってきます。安心して借りれるカードが1枚でもあれば、どれだけ気持ちの上で楽に過ごせるかわかりませんよ。

このように万が一のことを考えると、すぐには借りなくても契約だけしておくというのはとてもいい方法だと言えます。ただし、契約後すぐにお金を借りた方がお得になる場合があります。それは無利息期間サービスのあるカードローンを契約した場合です。無利息期間については、カードローンを借りたことのない人でも1度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。これは一定期間は利息がかからないというサービスで、誰にでも利用できるんですよ。

ただし、初めての契約成立の翌日からがサービス対象期間になりますので、早く使い始める必要があるんです。もしも30日間無利息であれば、契約後一ヶ月間お金を借りずにいれば、せっかくの無利息期間を利用せずに終ってしまうんです。「借りないで済んだんだから、無利息サービスが使えなくても構わない」とも考えられるんですが、初契約時に一回きりしか使えない貴重な期間だけに、ちょっと勿体ないっていう気もしますよね。

この無利息期間を有効利用するには、実際にお金が必要になってから申込をする方がいいですよ。そして無利息期間が終了したら、その後は新たな借入をせず持っておくだけにすれば、せっかくの無利息期間を無駄にせずに済むでしょう。

カードローンを使わない場合は金利がかからない

カードローンは、持っているだけで使わない場合は金利がかかりません。正確に言えば、金利は設定されていても利息が発生しないと言ったほうが良いでしょう。利息の計算についてですが、これは金利や借入金額、借入期間から算出されることになります。具体的その計算式を見れば、その性質がよく分かるでしょう。基本的な計算式は、

利息=借入金額×金利(年率)×借入年数

このようになります。カードローンでは借入期間は年単位にならない事が多いですから、たいていは日数で計算します。日数で表した場合の式についてですが、これは

利息=借入金額×金利(年率)×借入日数÷365

と表されます。閏年の場合には364で悪のが一般的です。どちらも表現が違うだけで同じ意味を持つ式です。消費者金融や銀行のウェブ竿地では、下の式を目にすることが多いでしょう。これはその方が使いやすいという理由があるからで、実際にはどちらの式を使っても同じです。かけ算ですから、借入金額がゼロであれば、もちろんのことながら利息の金額もゼロになります。カードローンの口座を持っていて、そして借り入れを行わなかった場合には、金利がかかったとしても借入金額がゼロなのですから、利息の金額もゼロになります。

カードローンは、利息以外に費用を請求することは基本にありません。口座を開設しているだけで年会費がかかったり、あるいはそれ以外にも色々な費用がかかったりすることはありません。ですから、カードローンを津会わない場合には利息を支払わなくても良いだけではなくて、他の色々な費用も支払わなくて良いです。

つまり、口座を開設してそのままにしているだけであれば、特に何かを支払う必要はありません。いざという時のために口座を開設しておき、そして借りずにそのままにしておこうと考える人もいるでしょう。このような人にとっては一切のコストがかからないという点は大きなメリットだと考えられます。

【参考ページ】
カードローン利用に役立つ計算式紹介

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.