カードローン金利の幅とは

カードローンの金利「幅」ってどうにかできないかなァ。

カードローンの利用限「枠」を上げるならわかりますが

今現在、どこのキャッシングも低金利を売りにしていますし、お客さまにとってもそのほうが嬉しいですよね。金利をどうにかしてもらいたいということは、もしかして複数の消費者金融業者からかなり借入をしてしまい、金利払いばかりで苦しい立場に置かれているのでしょうか?そのような場合、銀行などではおまとめローンのような一本化商品などがありますよ

一本化は、複数の消費者金融の借金をまとめてくれます。返済日も。精神的にも楽になりますし、金利もさらに低く抑えられます。それ以上に日頃の生活でムダ使いが無いか気を付けて下さいね。

もし利用限度額を引き上げて欲しい場合、住宅ローンやマイカーローンなら消費者金融でも収入の3分の1を超えて借入することも可能です。銀行や共済などにも相談してみても良いかもしれませんね。しかし、審査の通りやすさや、無担保で保証人ナシを考えると消費者金融も検討してみるのもいいかもしれません。消費者金融では収入の3分の1の借入が基本です。最初の借入は少額からなので、返済することを考えずに複数のカード会社から借金をするの考えものです。すぐに返済が難しくなるので必要な時だけ借りて完済してください。

限度額が引き上げられると、嬉しい話もあって同じ5万を借りたとしても限度枠が上がれば金利を低く抑えられるからです。それでも、金利はついてきます。計画的に利用してください。

カードローンの金利には幅がある

カードローンの広告には金利の情報が掲載されていますが、かなりの幅がある場合もあります。例えば、4.5%から14.5%というように、10%も幅がある場合もあります。異なる金融機関で異なるのは当然のことなのですが、同じ金融機関で幅を設定されていて、諮詢は大きく異なります。金利が違えば利息の支払金額が変わってくるのですから、低ければ低いほうが良いです。ですから、ある程度の幅がある場合に、実際にはどの水準で借りることができるのかを把握しておくことは重要でしょう。(参考ページはこちら→低金利と呼ばれる水準を探る

金利とは、お金の値段とも言われるもので、これは市場によって決まります。一般的な商品が需要と供給で決まるのと同じようなものです。金融機関としては、お客さんを増やして売上を上げたいのですから、価格競争を行うのが一般的です。カードローンの場合には価格というものがありませんから、金利の引き下げ競争が行われることになります。最近になってかなり利用しやすくなってきたのは、このような競争があるからだと考えられます。

返済可能性の高いお客さんなら、金融機関はたくさん借りて欲しいと考えますから、お客さんにとって有利な条件を提示してくれます。その結果、金利が低くなるのです。ですから、返済可能性が低い人の場合には高い水準になるという点に注意しておかなければなりません。どこで借りても高い水準になる事もありますし、その水準が法律の上限を超えるくらい似るのであれば、審査に通らなくなるという点に注意をしておきましょう。
(⇒たくさん借りるほどお得なカードローンの仕組み

実際にはカードローンの運営にかかるコストや、それ以外にもリスクプレミアムなどが含まれていますから、それぞれの金融機関によって色々な違いはあります。このような他の要因によっても異なるのですが、返済可能性が高いのかどうかによって決まる部分は大きいと言えるでしょう。借り入れをする人の返済可能性に応じて変化させなければなりませんから、ある程度の幅を持たせているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.