カードローン失敗!?誰にもある間違い例を聞きたいんです!

カードローンにまつわる失敗を教えてください!今度初めてカードローンの申込をするんですが、自分はすごいおっちょこちょいなんです。何か新しいことをやると必ず幾つか失敗をします。

お金に関することで失敗をするのは怖いですから、これだけはやっちゃダメっていうのを間違い例をたくさん聞かせてください!

カードローン申込時と利用後の失敗例は沢山ありますよ!

カードローンの失敗は期待通りにどっさりありますよ!まず申込時の失敗例から。ありがちなのが申込書の作成ミスです。パソコンから申込む場合にはタイプミスがよくありますから気をつけたいですね。ただのタイプミスだと分かるものはいいんですが、電話番号だけは慎重に入力しましょう。

というのも、自分宛の電話番号は本人確認の連絡先として、また勤務先の電場番号は在籍確認の連絡先として、審査の大切な手続きに重要な情報になるからです。もしも電話番号の入力ミスで連絡が取れなかったら、それで審査に落ちてしまう場合もありますよ。(参考ページはこちら→もしも電話番号記入ミスがあったなら

またこれも結構やってしまうことなのですが、審査に落ちた時のことを考えて、念の為に複数の業者で同時に申込をする人もいます。今は申込にも直接店舗へ行く必要がありませんから、ネットや郵送を使えば、同時にいくつでも申込めてしまいますよね。

でも業者は申込があれば信用情報を照会しますし、その履歴もまた残っていきます。その人の信用情報に短期間に複数のアクセスがあると、これもまた審査に落ちてしまうことがあるんですよ。これは申込ブラックとも言われていますが、このようなことをすると、借り逃げを警戒されてしまい審査に通らなくなってしまうんです。(参考ページはこちら→信用情報を大事にしたい理由

あとは審査に通ってからの失敗をあげてみましょう。カードローン利用の大きな失敗といえば、やはり借り過ぎです。でもあれだけ借り過ぎに注意しましょうと繰り返し言われていても、どうしてサッパリ効果がないんでしょうか?きっと借りている本人は、自分ではこれが借り過ぎだとは思っていないからなんでしょうね。

借り過ぎてしまうような人はとても楽天的な経済観念の持ち主で、「このくらいならば返せる」と考える傾向があるそうです。でもそれが失敗の元なんですね。カードローンの返済方法は、ご存知のように毎月一定額を返済するようになっています。これ自体は負担となるほどの金額ではありませんから、これだけを見ていればつい大丈夫だと思ってしまうのも当然でしょう。

しかし毎月の返済額が少ないということは、それだけ長い間に渡って返済しつづけなくてはいけないということです。その間には病気をしたり大きな買物をしたり、また収入が減ったりというアクシデントも起こり得るでしょう。そうなった時でも「このくらいなら返せる」と言えるでしょうか?借りた直後は余裕があっても、状況はいくらでも変わるということも念頭に置いておかねばなりません。そう考えれば、やはり返済は返せる時になるだけ早く返してしまうのが失敗のないカードローン利用法だと言えるでしょう。
(⇒遅すぎる返済が生み出す悲劇

一歩間違えればカードローン失敗!

カードローン失敗!とならないようにするためには、使い方を把握しておく必要があります。金融というと非常に難しい分野の一つですから、使い方が難しいと感じる人も多いでしょう。しかし、ルールを知らずに借りると失敗しやすくなりますから、カードローンの基本的なルールは知っておかなければなりません。失敗したと感じるケースはいろいろあるでしょうが、返済できなくなって債務整理を行わなければなるというのが最悪のケースでしょう。借りるときにはきちんと返済をする気があったとしても、いつの間にか返済できなくなってしまうこともあります。なぜこのようになるのかというと、返済方式を理解していないことが理由の一つだと考えられます。

返済方式について把握しておく必要があります。返済方式は、カードローンによって異なっていますが、その中で比較的多く採用されているのが残高スライドリボルビング方式です。残高スライドリボルビング方式では、残高によって段階的に返済金額が決まる方法を指します。例えば、残高が20万円以下なら返済金額は1万円で、20万円を超えて50万円以下なら1万5千円というように、段階的に返済金額が決まります。ですから、例えば、月々1万5千円までしか返済できないという人の場合には、残高は50万円以下に自分で制限することが必要となります。返済計画を細かく立てるのも良いですが、どこまで借りてもよいのかを把握しておくほうが楽でしょう。(参考ページはこちら→リボ払いを使いこなして楽に返済しよう

月々の返済が負担にならないようにするためには、元利均等返済方式を選ぶのも良い方法です。元利均等返済方式であれば、月々の返済金額が一定ですから、借りる時点ですぐに返済金額を把握することができます。長期的に返済をしていくのが不安だという人の場合には、一括返済を利用するのも良いでしょう。次の返済日にまとめてすべてを返済してしまうことができますから、借入期間は短期になります。支払う利息も安くなりますからメリットは大きいと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.