友達からお金を借りるときに必要なものとは

キャッシングベスト3

友達からお金を借りるということについて必要なこと

今月は何かと出費が嵩むことが多く、支払う予定だった公共料金のお金が足りなくなってしまいました。銀行や消費者金融に頼るほどの金額ではないし、何よりもそういったところから借りることに抵抗もあります。なので、親しい友達からお金を貸してもらおうと思っているのですが、そのときに必要な物などはありますか?

例え友達からお金を借りるとしても心得ておきたいことがあるのです

銀行や消費者金融などからキャッシングするよりも、身近なひとからお金を借りた方が簡単ですし、金利も支払う必要がないので、軽い気持ちでお願い出来るものですよね。

けれど、銀行や消費者金融からでも友達からでも、「自分のものではないお金を借りて使う」ということに変わりはありません。銀行や消費者金融から借り入れをするときのように、金利を支払う約束や身分証明を用意する必要はありませんが、お金を借りるうえで、ある程度の取り決めを設けておいた方が良いです。

友達同士だからといって、「今度逢ったときに返すね」といった曖昧な約束で済ませるべきではありません。

抵抗があるかもしれませんが、まずはお金を貸してもらう友達に自分がどれぐらい稼いでいるのかを偽らずに伝えましょう。そして、その収入の中から毎月いくらのお金を返すことが出来るのか、それをどれくらいの期間で返し終えるつもりでいるのかをよく話し合いましょう。

友達が、お金が自由に使える資産家であるなら話は別ですが、お金を借りようとしている友達も働いて収入を得ている身です。相手の生活が困ることのないように、きちんと決めておくようにしましょう。

親しい友達だからこそ、お金の問題で拗れてしまわないように気をつけていきましょう。

友達からお金を借りるのは喧嘩の原因のトップ!知ってましたか?

今月ちょっと足りないなぁ・・・そんな時、あなたならどうしますか?もしも気の置けない友達がいたら、「1万でいいから貸して!」なんて頼めるかもしれませんね。このように、周囲の友達からお金を借りたり、また貸したりということは、そう珍しい光景ではありません。一度もそんなことをしたことはないという方もいる一方で、しょっちゅうやっている方もいるのが、この「友達キャッシング」です。

でも、これが上手くいくのは、このようなことがとてもバランスよくできている間だけなんですよ。借りたり貸したりお互い様という、いい空気の中では上手く回っていますが、ちょっとしたことでそれが崩れてトラブルに陥ってしまうことも、また珍しいことではないのです。利息もかかりませんし、気楽だし、いいとこづくめの友達キャッシングですが、場合によってはそれ以上の損害を被る可能性だってあるんですよ。友達からお金を借りるのは、そんなにいいことばかりではないんです。

その中でもやはり、返済に関わるトラブルは最も大きいでしょう。このような気軽な友達関係の中の借金は、お互い細かいことを言わず、もちろん借用書も書かずに済ませていることが殆どです。しかし、返してもらう予定の日になっても、一向に返してもらえる様子がない・・・そんな時に、催促したら逆切れされてしまったりなんてこともあるかもしれません。このように、貸した方も借りた方も、不満の残る形になることもあるのが、友達からお金を借りることにはつきものなんです。

お金にまつわるトラブルは、実は友達の喧嘩原因のトップなんですよ。貸した、借りてない、なんていう事実関係にまつわる食い違いから喧嘩になることもあるでしょう。また、返済してもらえなかったり、チャラにされてしまったりと、一方的に悔しい思いをしている人も居られるのではないでしょうか。借りる方としては、友達ならではの心安さから「ま、いいじゃん」で済ませていても、貸した方は恨みを抱いてしまうことだってあります。

それに、貸した方にとっても、借りた人の態度がでかいのが何だか気に喰わない、なんてこともよくある話なんですよ。「あの時、俺が貸してやったから何とかなった癖に」なんてつい思ってしまったりね。このようなことがきっかけでトラブルになってしまうと、なかなか修復はできません。これが原因で絶交状態になることだってあります。

そう考えると、やはりお金のことは、友達関係の中には極力持ち込まない方が無難だと言えるでしょう。気楽でお得な友達キャッシングはとてもいいものかもしれませんが、実際には気遣いや心遣いも必要で、絶妙なバランス感覚も欠かせない、意外に難しいものだということがよく分かりますよね。

その点、カードローンならば安心です。限度額以内であれば、何度借りても何の気遣いも必要ありません。もちろん、利息はとられますし、返済ができなかった場合も「ごめん」では済まないでしょう。しかし一方で、これが逆に気楽でもあります。利息と元本を必ず返済するのであれば、あなたは業者にとっては、大勢いる顧客の中のひとりに過ぎません。何の気遣いも必要ないし、頭を下げる必要もないのです。

このように、意外と難しい面もあるのが、友達からお金を借りることなんです。もしもあなたが友達キャッシング派だとしたら、あなたの気づいていないような感情に行き違いが、もう既に存在しているかもしれませんよ。お金のことで余計な気遣いをさせないというのは、友情にとって大切なポイントです。できれば早いうちに、カードローンへの切替をお薦めします!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.