電話でカードローンの審査結果の連絡が来ないのですが…

ちょっと困っているんですけれども相談してもいいでしょうか。以前にカードローンの申し込みをしてからというもの、カードローン業者からの連絡をずっと待っているのですが、一向に電話などがかかってこないのです。もしかしたら書面かもしれないと思っていますが、それもありません。

カードローン審査の結果などもわかりませんし、電話もかかってこないので困っています。今はまだ我慢できますが、そのうち本当に必要になると思うのでこのままではダメだと思っています。どうすればいいでしょうか。

カードローン審査結果の電話を待つよりこちらから連絡を

消費者金融やカードローンの申し込みをしてから連絡が来ない、電話がかかってこないというのであれば、こちらから再度連絡をしなければならないでしょう。なぜならこういうことっていうのは普通の会社でもよくあることで、ちゃんと審査を申し込みしたはずなのに見逃していたりするのです。ですから見逃していたりする可能性を考えるとこちらから連絡をした方がいいでしょう。

消費者金融やカードローンの会社というのはデジタル化されていて、パソコンやインターネットなどのテクノロジーを駆使しているのですが、それでもぬけというのは必ず発生するのです。例えば審査のときにブラックで通らないはずの人が通ってしまうということもありますし、申し込みをしたのに連絡を忘れてしまうということもあります。これは金融業界だけの話ではなくどのようなビジネスでもあることです。

ですので運がなかったと思ってこちらか連絡をしてあげてください。向こうも丁寧に謝ってくれるかと思いますし、そこからすぐに審査をサイドを行ってくれるでしょうから、スピーディーに結果はわかると思います。ただしこれは大手についての話で、小さい業者であれば審査に落ちているという可能性もあります。

小規模な業者ではカードローンの審査結果というのをあえて伝えないというところもあります。電話をするのが面倒だったり人員がいなかったりと、理由はいろいろです。とりあえずまずは借り入れしたいなら連絡をこちらからしておきましょう。

カードローンの審査では電話で在籍確認をしてくる

カードローンといえば、審査が早くそしてすぐに利用できることがメリットのひとつですが、在籍確認の電話をする必要があります。カードローンの審査で入力した仕事先に、金融機関から電話がかかってくるのです。利用するためには安定した収入を持っていることが必要です。安定した収入が無いと、金融機関は返済可能ではないと判断をし、融資を行うことが出来なくなってしまうからです。そのため安定した収入を持っているかどうかを判断するために、在籍確認を行うのです。

カードローンのメリットは、素早い審査とそれから利用の速さですが、このデメリットにおいては、年収を証明する手段が乏しいということです。年収を証明するために必要な書類をいちいち準備をし、そして金融機関の窓口まで持っていっては、かなりの時間がかかってしまいます。子の年収の証明の書類を持っていくという手間を省くために行われるのが、この電話での在籍確認なのです。在籍確認において本人がその勤務先に本当に勤めているかどうかを確認することで、年収の書類などを見せる手間を省くことが出来るのです。これが素早く利用できるために必要なのです。

在籍確認が出来ない場合には、カードローンを利用することはできません。そのため虚偽の勤め先などを入力することはしてはいけないのです。そのためしっかりとした勤め先を書くようにしましょう。この電話で心配されることが、勤め先に金融機関から借金のことを知られてしまうのではないか、ということです。金融機関からかかってくることで、勤め先の人に借金をしようとしていることがばれてしまい、嫌な思いをするのではないか、ということです。しかし実際にはそのような心配をする必要はありません。在籍確認の電話では、金融機関ということは伏せているために、勤め先の人に借金をするということはばれないのです。本人がいるかどうかを確認するだけであるために、詳しいことを勤め先の人にばれる心配はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.