カードローンの電話後の審査時間はいったいどのくらい?

最初に申し込みをしてから即日融資をしてくれるところだったらかなり早く審査が終わるというのを聞きました。それもそういう業者が大手に増えてきているようですけれども、カードローンの電話後の審査時間というのはだいたいどのくらいが平均なんでしょうか。

即日融資の場合でも遅くなる場合があったりすると思いますし、そうでない場合にはどのくらい審査時間というのはかかりますか?

カードローンの電話後の審査時間自体は短いが連絡はそれぞれ

審査というものがどういうものかというのをご存じない人にとって見れば、ちょっと審査時間がどれくらいかかるものなのかはわかりにくいでしょう。即日融資と言ってもその審査が正しいのかどうかなどもわかりにくいでしょうけれども、実際にはカードローンの電話後の審査時間というのはそんなに長くなく、30分くらいあれば出来るものなのです。しかしその後の連絡についてはそれぞれだといえるでしょう。

そもそもこのカードローンの審査内容というのは信用調査との照合になります。申し込みの時の情報や身分証明証を見て、その情報と信用調査の情報を照らし合わせます。そしてそこで借入をしていたのに返済しなかったであるとか実は今も他社借入がたくさんあるという状況などを確認するのです。その確認で基準を満たしていればちゃんと審査に通るという仕組みになっています。

ですから審査そのものの時間は短いのですが、そこから連絡をするかどうかについてはまた別問題です。そして審査にとりかかるまでの時間というのもまた業者によって違います。ですので、審査の時間が長いようなものであれば3日もかかるし、即日融資であれば1時間以内でスピード融資してもらえるという差があるのです。

カードローンの電話後の審査時間というのはそこまで長くはありませんし、その長さによってちゃんと慎重に審査しているかどうかというのも決まるものではありません。ですので好きな業者を申しこめばいいですし、即日融資だからって怖がる必要も特にないのです。業者の都合によって審査結果の通知が左右されているだけですから。

【参考ページ】
即日融資を受ける為の手筈

カードローンの電話後の審査時間の一般的な目安

個人向けの無担保融資であるカードローンは、銀行や消費者金融、信販会社等の様々な業者により提供されています。申し込んだ当日に審査の合否が判明するスピード審査を行っているケースも少なくはないので、急な予定が入った場合の利用にも適正があります。カードローンの申し込み条件としては、満年齢20歳以上で国内在住の安定した収入がある人とされているのが一般的です。安定した収入がある人の中にはフリーターや派遣社員も含まれるので、利用者はバラエティーに富んでいます。学生であっても収入がある場合は利用可能としているカードローンも少なくはありません

カードローンの申し込み時に必要となるのは、運転免許証や健康保険証、住民票等の身分証明祖です。融資希望額によっては休養明細書や源泉徴収票等の年収を証明する書類の提出を求められる事もあります。これらの書類を用意した上で、住所、氏名、年齢、年収、他社借り入れ等の必要事項を記入して提出するというのが申し込み手続きの内容です。申し込み者の情報は、金融業者が加盟している信用情報機関に記録されており、申し込み内容と信用情報機関との記録を基にして合否が判定されます。審査時間は業者によって異なりますが、30分程度で完了する短時間審査を実施している業者も存在しています。

審査の最終段階で、申し込み内容に間違いがない事を確認するために自宅や勤務先に電話がかけられます。在籍確認と呼ばれる電話であり、通常は業者名ではなくオペレーターの個人名でかけられます。在籍している事が確認できればよいので、ごく簡単な問答のみとなっています。在籍確認は審査の最終段階に位置付けられているので、確認がとれた場合には契約まではあと少しです。30分で合否が判明するような業者の場合であれば、カードローンの電話後の審査時間は10分程度が目安と考えられています。しかし、在籍確認が取れなかった場合には、確認が済むまでは審査に合格する事はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.