銀行のカードローンなのに、モビット保証ってどういうこと?

某銀行のカードローンに申し込みをしようと思い、申込書を見ました。その中に保証会社名があり、モビットの名前があったのですが、これはどういうことなのでしょうか?銀行で申し込みをするのにモビットに借りることになるのでしょうか?なんとなく気分的にモビットは消費者金融のイメージがあるため申し込みするのに躊躇しています。

銀行のカードカードローンでも、保証業務は別会社が行っています

保証会社に消費者金融やクレジット会社の名前があると、その会社から借入することになるの?と考えてしまいます。でもそれはあくまで保証会社であって、借入をする金融機関ではありません。保証会社とはローンの審査を代行したり、債務不履行の際に弁済をする会社です。融資自体は銀行から受けるのですが、この人に融資可能かなどの判断を保証会社が行うのです。ですので、保証会社〇〇とある場合は、ローンの審査などはその保証会社が行いますのでその際のやり取りは発生します。今回はモビットが保証会社ということなので、おそらくローンの審査から契約までのやりとりはモビットと行うことになります。

たとえ保証会社にクレジット会社や消費者金融の社名があがっていたとしても、融資を受けるのはあなたが申し込みをした銀行です。一旦契約してしまうと返済の遅延や債務不履行などの問題が無い限り保証会社とやり取りすることは無いと思います。

色々と調べてみると分かるのですが、どこの銀行のカードローンでも保証会社として他の金融会社の名前があります。個人向け融資のノウハウが多い消費者金融が保証業務を行っているところも多いです。そこから借金するというわけではないのですから、大手の金融会社名である場合あまり気にする必要は無いと思います。

消費者金融のカードローンならモビット保証

最近ではモビット保証の便利なカードローンがあります。モビットのカードローンはとても便利なカードですが、メリット・デメリットがあるので、利用の前によく確認しておかなければなりません。まずメリットとしては、お金がスムーズに借りやすいということがあります。モビットではインターネットを通常手続きを行うことができますし、借入については指定の口座に直接振り込んでもらうことができるのです。ATMを利用する必要がないことから周囲にはバレにくく、プライバシーを保護しながらお金を借りることができるのは大きなメリットです。(参考ページはこちら→ATMを使ってお金を借りよう

また返済に関しては、事前に返済シミュレーションができることもメリットです。自分の収入やライフスタイルに合わせて、どの程度までお金を借りれば返済できるかについて、詳細なシミュレーションを行うことができます。このシミュレーションの利用によって、無理な借入を防ぐことができます。さらに返済に関しては、自動引き落としで支払ができる点もメリットといえます。カードで返済期日を忘れてしまう人は少なくありませんが、そうした場合でも自動引き落としがあればきちんと返済を行うことができます。

もちろんあらかじめ口座に入金しておく必要があります。さて、モビットのデメリットですが、一つは安易にお金を借り過ぎてしまうというデメリットが挙げられます。これはデメリットというより注意点となりますが、手軽に借りられる仕組みがあるだけに、自分の収入やライフスタイルに合わない額を借りてしまわないように気をつけなければなりません。利用前には、シミュレーションを活用したり返済計画をよく考慮しながら、無理のない範囲で返済できる借入額を決めるようにします。自分に合った返済計画とは、自分の今の収入やライフスタイルに基づいて考えます。一方、モビットではATMの場所が分からなくてもインターネットに接続できれば、そこから手続きを行うことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.