カードローンで破滅しないための方法とは?

キャッシングベスト3

カードローンで破滅しないための方法を教えて下さい

どうしても欲しいネックレスがあるんです。それで、お金を借りたいと思っています。でも、こんな理由でお金を借りていいのか、とても心配なことも確かなんです。ぜいたく品を買うのにお金を使っていいのか、それで後から破滅するようなことにならないのか、そういうことを考えると、カードローンを使うのをためらってしまいます。カードローンで破滅しないための使い方ってどんなものなんでしょうか。その方法を教えて下さい。(参考ページはこちら→カードローンの使い道に悩んだのなら

返済できる範囲内で借り入れをすることを守りましょう

カードローンって、普通に使っている限りはそれが原因で破滅するということは考えにくいものなのよ。じゃあ、その普通というのがどういうことなのかということなんだけど、カードローンの基本的な使い方って、お金を借りて、それを分割で返済していくというものよね。要は、この基本を守りさえすればいいということなのよ。

では、さらに踏み込んで考えてみましょうか。毎月の返済日を守って返済するためには、まず次の月からそれだけの余裕ができるかどうかを考えなければいけないわよね。例えば、今回あなたはネックレスを買いたいということなんだけど、そのネックレスはいくらくらいするものなのかしら。その値段をもとに、どれくらい借り入れをするかを考えたところで、返済シュミレーションができるカードローン会社のホームページなどを利用して返済の計画を立ててみるといいわ。

その値段が月々支払っていけそうなものなら、お金を借りたい理由が何であれカードローンを使ったことが原因で破滅するということは無いのよ。むしろ、お金を借りる理由よりも、借り方に注目した方がいいの。例えば、生活に困ってカードローンを使ったような場合、次の月にそれを返済することができない可能性もあるわけよね。

たまたまその月は出費がかさんで生活に困っていて、次の月になったら返せるというのなら問題は無いんだけど、毎月それが続いているのにカードローンを使い続けるとこれは危険なのよね。生活に困っているんだから、生活費の足しにするために借り入れをする方がお金を借りる理由としては正当なような気がするかもしれないんだけど、これを続けても返済ができないことは誰が考えてもわかるわよね。

そう言う借り方をすると、お金を借りるとそれだけ利息がつくんだから、だんだん借入額が膨らんでくるからますます返済しにくくなるというわけなの。そういう場合は、もうカードローンを利用することよりも、生活自体を見直すとか、別の面に目を向ける必要があるのかもしれないわね。だから、あなたのようにぜいたく品を買うためにお金を借りるのであっても、ボーナスや次の月からの給料などを含めて考えれば完済できそうなら、お金を借りても大丈夫なのよ。

【参考ページ】
返済しにくくなる融資の返し方とは?

カードローンで破滅しないためのポイントとは

カードローンは非常に便利ですが、やはり利用には十分注意していく必要があります。一般的にカードローンで破滅への道をたどってしまうのは、身の丈に合った利用をしないという点につきます。つまり借りすぎです。消費者金融や銀行がその金額を自分に貸してくれるのだから、それは借りすぎではないと考えるかもしれませんが、客観的に判断された個人の条件と本人がお金をどれだけ借りることができるかのキャパは、それぞれ人によって当然違います。ですので審査に通った後こそ慎重になる必要があるのです。

破滅に陥らないようにするポイントとしては、とにかく一番初めに借りるときに最も注意を払うということです。審査に通ったうれしさはひとまずおいて冷静になりましょう。ここで自分が翌月の返済に負担になるような金額で借りてしまいますと、翌月の返済から少しずつ負の連鎖が始まってしまいます。翌月返済によって思ったより手元にお金が残らないとなりますと、そこで踏ん張れば大丈夫なんですが、足りない分をまた借ります。当然借りる金額は少しずつ増えていくことになります。それが積み重なっていくと最後にはもらっているお給料ややりくりの金額を超えてしまい、その結果、他で借りて穴埋めするという自転車操業に陥ってしまいます。

ですので、まずは一番最初に利用する時に、翌月完全に返済し、なおかつその残ったお金で生活できたという実体験が重要になってきます。そういう積み重ねがあれば、返済を見越して借りるという計画性も出てきますので、カードローンを、まさしく賢く借りて生活を豊かにする道具にできるのです。カードローンは破滅、というネガティブな考え方は、今はもう若い人を中心にあまりありません。ローンカード自体、クレジットカードなどのように頻繁に使わなくてもとりあえず持っておきたい生活に密着したカードのひとつとして定着しつつあるのです。ですので、信頼できる金融機関を選んで利用していくことが求められているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.