ニートでもカードローンを申込めるの?具体的方法を教えて!

僕は実家暮らしのニートなんですが、生活を立て直して自立したいと思っています。まずは部屋を借りたいのですが、十分なお金がありません。

カードローンを申込めたらと思うんですが、無理でしょうか?職探しが順番からいって先だというのは分かるんですが、まず実家を出ない限りダメになりそうなんです。

ニートはお金を借りれませんがクレカの家族会員ならば

ニートということは無職ですよね。通常無職の人がお金を借りることは絶対に無理だと言われています。でも専業主婦も無職ですが、ご主人に収入があればそれによってお金を借りることができるんですよ。自分が直接お金を稼いでいるという訳ではなくても、家族の収入で生活しているということで、カードローン審査を受けることもできるんです。

ニートだって親の収入で生活しているんですから、専業主婦と同様にお金を借りれるかも・・・と言いたいところなんですが、実は専業主婦は年収がなくても借りれる唯一の例外。それ以外の無職の人は審査を受けることもできないというのが現実なんです。年金で生活している人ですら、他に何か仕事をしていない限りは消費者金融ではお金を借りることができません。(参考ページはこちら→年金暮らしのカードローン審査は通過する?

ニートは親と同居して扶養家族という立場ですから、クレジットカードの家族会員にはなれますよ。ただし親の承諾が必要ですよね。それならば、直接親からお金を借りる方が早いでしょう。でもそのようなことが難しいからこそ、よそで借りなくてはいけないんでしょうね・・・クレジットカードで審査の甘いものを選ぶと、限度額は低いですがニートでも審査に通る場合もあると言われています。

しかし一旦審査には通っても、その後何か問題があると判断されればその時点で利用がストップしてしまい、一括返済をしなくてはならなくなるかもしれません。申込時の審査にはスピードが要求されるため、一旦審査には通した上で、このように後から対応が追っかけてくる場合もあります。借りれて安心していたところで急に利用ができなくなってしまったら、却って困りますよね。

そうかといって、誰にでも貸すような業者とコンタクトをとってしまうのも考えものです。このような業者は、返済ができないとわかっていて貸している場合もありますので、過度な取り立てがあったり、お金を騙しとられることもあるから気をつけなくてはなりません。

このように、何とかお金を借りることができても無職ではやはり無理が生じて当たり前です。無理に業者でお金を借りようとするよりも、頭を下げて親からお金を借りた上で、職探しをするのが一番ではないでしょうか。無職の状態で業者からお金を借りてしまうと、自立するにも負債が大きすぎるでしょう。まずは自分でお金を借りれるという状況になるまでを、自立までの1つの目標にしてはいかがでしょうか。

ニートでカードローンの借り入れ

ニートでカードローンの借り入れは、基本的に親に生活費を出してもらいながら生活しているニートにとっては、このカードローンも保証人などが親になって借りているケースが多いでしょう。流石に消費者金融業者や、銀行にしてもニートに対しては審査でも高額な借り入れ枠を審査で通す事は無いでしょう。しかし親が保証人などになると、状況的に言えば返済能力の無いニートに対しての取立てより親からお金を返済してもらえるといった計算の元で、カードローンの貸付を行っているのではないでしょうか。色々と考えるとこの様に生活をしている若者は現代でも増え続けていて、ちょっとの間だけアルバイトなどを行い後は、引きこもって生きている状況になる様です。(参考ページはこちら→保証人が居ればカードローンは使える?

若者の生活のスタイルが昔と今とではかなり違ってきていて、しっかりと働く若者も居るのですが、親に養ってもらう子供も増えてきている状況であるのも事実として増えています。借り入れも返済計画があれば問題ないのですが、どうしても今の若者は仕事を転々としてカードローンの返済も厳しい状況になっている人も増えています。返済をしっかりと行う事が消費者金融業者に借り入れを行う時の条件なので、借りる方も貸す方もその辺りは、しっかりと考えていかなければいけません。その状況でもしっかりと返済が出来ていれば、本当に現金が必要な時に即日融資などを利用するとお金が数時間後に手元に来る事になりとても便利な世の中になっています。

即日融資などを売りにしている消費者金融業者にとっては、審査も素早く現金の振り込みも早いとても便利なお金の救世主となってくれます。しかし返済プランがまったくないままの借り入れならば、結果利息の支払が膨れ上がり返済不能の状況を招いてしまう恐れもあります。カードローンを組む時には、特にニートで借り入れのケースではしっかりと仕事をして返済出来る予定があって始めて借り入れを行う様にして行く事が大切となる様です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.