カードローン審査は年金生活の無職で通る?

キャッシングベスト3

カードローンの審査は年金生活で無職でも通る?

こんな歳になってまでお金のことが心配だなんて恥ずかしい話しですがカードローンの審査は年金生活でも通りますか?

娘に聞いた話しだと無職というのはお金を借りることはできないのですね。「退職前にカードローンを作っておけば、いざという時に役に立つから作っていたら?」と娘から散々言われたのですが、退職金も出ることだし今までカードローンのお世話にならずにやってこれたんだから、これからもやっていける!何て意味も無く強気で娘の提案を突っぱねました。

今更ながらに後悔しております。娘が正しかった。お金なんていつ無くなって、いつ必要になるのかというのは予想もできないものなのですね。私の計画では退職金で不自由なく生活していける予定だったのですが、詐欺にあって使い込んでしまいました。もうすぐ娘の結婚式です。式には娘に心配されることなく祝儀を用意して立派に相手の家へ送り出してやりたいです。無職でもお金を貸してくれるところはありませんか?

年金を安定した収入と見てくれるカードローン会社を探して

基本的に無職ではお金を借りることはできないわよ。だってカードローンはお金を返してくれないと商売が成立しないでしょ。無職の人にお金を貸しても返ってくる保障がないわよね?私がカードローン会社だったとしたら返済する当てもない無職の人にはお金を貸せないわ。

だけど、無職でも唯一借りれる人がいるとしたら年金受給者だわ。年金受給者は毎月一定の額を受給することができる仕組みでしょ?だからカードローン会社によってはそれを安定した収入と見てくれるところがあるのよ。もちろん全部のカードローン会社ではなくて、そういう所も探せばあるということよ。

それに、年金受給者がお金を借りようと思った時にネックになるのが年齢。高齢過ぎたら死亡するリスクが高くなるからカードローン会社には年齢制限があるわよ。あなたが何歳なのかは知らないけど、申込み条件で年齢と、年金受給者でもOKという2点で絞ってみるとお金を借りれる可能性はあるわよ。

無職の人はカードローンの審査に通るのか

一口に無職といっても、世の中にはさまざまな境遇の人がいます。現時点で全く仕事をしておらず完全に無収入だという人や、賃貸経営などで毎月家賃収入を得ている人、あるいは年金を受給している高齢者もいます。カードローンの審査に通るために必要な条件として、銀行では「定職に就き、安定した収入があること」を求めていますが、たとえ定職に就いていないという無職の人であっても、カードローンの審査に通る可能性はあります。働きに出ずに家事に専念している専業主婦の場合、世間的には無職という範疇に属していることになりますが、配偶者の収入という安定した収入があるため、厳密には無収入ではありません。このような人の場合、配偶者の所得を証明できる書類と同意書を用意できれば審査に通ることになります。(参考ページはこちら→専業主婦は融資が受けられる?

また、定職には就いていないけれども家賃収入や年金などの定期的な収入がある人の場合、それらの収入が安定した収入であると銀行側が判断すればカードローンを利用することができます。ただし、このような人の場合には年齢制限が設けられており、返済完了時点での年齢があまりにも高齢の人の場合には、カードローンの利用を断わられてしまうこともあります。現時点で全く働いておらず収入もないという人の場合、審査に通ることは無理ですが、派遣会社に登録をすることによって無職という属性を変えることが可能です。そうすることで派遣会社の方へ在籍確認の電話が行くことになるため、名目上では仕事に就いているという体裁を整えることができるからです。

ただし、在籍確認が行われた後には勤続年数が調べられることになるので、この方法では審査に通過することにあまり期待はできません。また、仮にカードローンを利用できるようになったとしても、決められた期日にきちんと返済をしていかなければならないため、無職で完全に収入がないという人は後々返済に困ることになります。お金を借りる以外の方法で収入を得る手段を探すようにした方が賢明です。
(⇒どんなカードローンでも在籍確認はあります

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.