ニートで勤務先が書けない時のカードローン

キャッシングベスト3

ニートで勤務先が書けない時のカードローンの借り方

現在ニートです。以前はバイトをしていたのですが、現在は正社員になるべく就職活動中です。実家暮らしなので家賃などは必要ないのですが、自分の必要なものは貯金を使って買っていました。しかし、貯金もなくなり、買わなければならないものがあるのでどうしようか悩んでいます。

就活に必要なスーツやカバンなど購入しておらず、必要な物を揃えるのに借り入れを考えています。ニートでもお金って借りられますか?できるだけ早く借り入れたいのですが、何かいい方法がないか教えて頂けないでしょうか?

ニートで勤務先が書けない時のカードローンの借り方

ニートでの借り入れは全く無理ですね。しかし、ほとんどのカードローンの場合、借り入れ条件は「安定した収入がある方」となっており、安定した収入があればアルバイトや学生、主婦や派遣社員でもいいとなっています。派遣社員でもいいということなので、まずは派遣会社に登録して、一日でもいいから働くという手がありますね。(参考ページはこちら→派遣を利用した融資の受け方

借り入れの際に記入する勤務先は登録した派遣会社で大丈夫です。就活をされているということは働く気はおありだと思うので、就職するまでまたアルバイトするという手もあると思いますが、アルバイトも面接とかがあるので、一番手っ取り早いのは派遣登録することだと思います。

借り入れは返済能力があるかないかがで決まります。要するに返済能力があるという信用がないと借り入れができないので、派遣でもとうろくしておけばお返済能力があるという信用になります。

ニートの場合、カードローンの勤務先確認はどうなるの

カードローンの契約をするときにはローン会社は申込み希望者の勤務先に在籍確認を行います。これは勤務先にその方がいるのかどうかを調べるためなのです。実際にその申込者が電話に出る必要があるのですが、もしもニートの場合はこの在籍確認はどうなるのでしょうか。ニートの場合は無職ですのでそもそも勤務先などは存在しません。よって在籍確認ができませんが、カードローンの契約は無職の人の場合はできませんので申込み以前に断られてしまいます。ただし専業主婦の方の場合は無職でももちろんカードの契約ができます。この場合には収入のある配偶者の在籍確認などをすることが多いのです。

ニートの場合はお金を借りることができませんが、まだ就職したての場合でもカードの契約ができますのでとりあえず今無職の方は就職をするようにしてください。就職したての場合は少々不利になる傾向がありますが大きな限度額を求めない場合には審査に受かる場合もあります。ちなみにカードローンの契約をした後で仕事をやめて無職になってしまった場合にはどうなるのでしょうか。この場合はただちに契約が解消されることがありません。無職になってからでもしばらくの間就職するまでの生活費をローンによって賄うことができます。

しかし、次の更新の時までに就職ができていなければ契約の更新ができずに終了になってしまうこともあるのです。ただその場合でもすでに借りたお金を一括で返済しなければいけないということはありません。金利もそのままで返済は続けられます。もう仕事をやめようと思っている方はどうしてもローンの契約をしたい場合には辞める前に契約をするようにしてください。カードローンは非常に役立つサービスです。契約の仕方次第では毎月の返済額が借りた額に関わらず同じだからです。ゆとりをもって返済することができます。ほんの少額からでも借りられますのでピンチの時の味方となること間違いありません。

【参考ページ】
ニートでも融資を受けたいならどうする?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.