職場確認しにくくてもカードローン使える?

キャッシングベスト3

職場確認しにくい会社にいますがカードローン使えるのでしょうか

今度、友達と遊びに行く予定なんですが、お金が心配なのでカードローンを使いたいんです。でも、カードローンを使うと職場確認があるんですよね?私の会社は従業員数が多いので、代表の番号で電話を取ってもそれぞれの部署に誰がいるかなんて把握できていないと思うんです。それに、電話が各部署に直接かかってくることもないので、直接掛けられると不審に思われそうで気になります。

だから、カードローンを使う時の職場確認がとてもしにくいんです。それでもカードローンは使えるのでしょうか。

職場確認を電話以外の方法に代えてくれる会社を選べば使えます

職場への在籍確認は、カードローンを利用する時には必須とされているものなのよね。借りたお金が返せるかどうかって、結局のところ収入にかかっている部分が大きいわよね。だから、カードローンの審査の中でも職場確認はかなり重要な位置を占めるもので、確認ができなかった場合、それが理由でカードローンが利用できないこともあるくらいなのよ。だから、電話確認がしにくいというのは確かに不利な条件なのよね。

でも、最近では個人情報保護の関係なんかがあって、誰かはっきりしない相手からの電話は取りつがないとか、社内に誰がいるかわかるような電話の出方はしないとか、そういう対応をしている企業もあるのよね。それに、もともと職場の人数が少ないし取り引き先も限られているのに、突然知らない人から電話がかかってくると不自然だとか、職場によっていろんな事情があるのよね。だから職場に電話を掛けてもいることが確認できない人や、電話での確認をしてほしく無いという人もいることは確かなの。

でも、職場確認が必須だとすると、そういう人たちはカードローンが使えないことになってしまうわよね。そこで、そういった理由がある人に対しては、電話以外の方法で職場確認をしてくれる融資会社も出てきているのよ。その場合は、例えば直近の給与明細が何カ月分か必要とされるとか、社員証の提示を求められるとかいう内容で職場確認をしてもらえるの。でも、やっぱり電話の方が確実だから、電話による確認ができないと審査に通らないというところもあるわ。

だから、職場確認が電話ではできにくい会社にいるのなら、申し込む前に問い合わせをして職場確認を電話以外の方法でしてもらえるかどうかを確かめてから申し込んだ方がいいわね。それが原因で審査に落ちたとなると、どうしてもそれが記録として残ってしまうものね。そうなると別の会社で審査を受け直す時にも印象の問題があるから、申し込む前に確認することが大切よ。

カードローンの審査で行われる職場確認

個人向けのカードローンは10万円程度の少額から用意されており、健康保険証やパスポートといった身分証明書だけを用意すれば審査に申し込めるという便利な内容です。インターネットの普及にともおない、自宅からでも申し込めるようになっており、店頭窓口に足を運ぶ時間がないような人でも利用可能な状況になっています。カードローンの一般的な申し込み条件は、20歳以上で安定した収入がある事です。アルバイトやパートタイム、派遣社員等の非正規雇用の人も対象となっており、これらにより収入を得ている主婦も利用可能です。審査時間は非常に短いので、今日中にお金が必要となった場合でも対応出来る内容です。
(⇒ネットから手間無くスピーディーにカードローンを作る

カードローンの審査の流れは、まずは申し込みからスタートします。住所、氏名、年齢、他社借り入れ、年収、利用目的等の必要事項を記入して提出します。金融業者が加盟している信用情報機関に申し込み者の借り入れ状況を紹介して、返済能力について審査されます。審査の最終段階で、申し込み者の記入内容を確認するために、職場や自宅にオペレーターの個人名で電話をかけられます。この電話の事は職場確認、もしくは在籍確認と呼ばれています。所在している事を確認するだけの内容であり、ごく短時間で完了します。
(⇒カードローン審査において見られている事柄

返済能力が十分あると認められて確認が取れた場合には、審査に合格してカードが発行されます。逆に返済能力が認められたにもかかわらず、確認出来なかった場合は審査に通る事はありません。職場確認は、カードローン審査において重要なウェートを占めています。職場確認の電話は、申し込み者が在籍している事を認識する事が目的であるので、必ずしも申し込み者本人が電話を取る必要はありません。審査に通るためには、事前に自分宛ての電話がかかってくるという事を職場に報告しておくのが有効です。職場で申し込み者に不利益が発生しないようにする配慮がなされており、職場確認の電話は業者名でかけられる事はほとんどありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.