銀行カードローン、審査甘い商品はあるのか

キャッシングベスト3

銀行カードローンでも審査が甘い商品はあるのでしょうか

銀行のカードローンを使ってお金を借りたいと考えている派遣社員です。久しぶりに中学校の同窓会があるんです。地元から離れて仕事をしている私にとっては、友達と再会できる数少ないきっかけなので、ぜひ参加したいんですがお金がなくて。

それで借りようと思ったのはいいんですが、お金を借りるのは初めてで、なんだか緊張するので、消費者金融ではなくていろんなことで使う機会が多い銀行のカードローンにしたいと考えています。それならまだあまり抵抗を感じずに済みそうですからね。でも、銀行って難しいイメージもあるんです。銀行のカードローンって、審査が厳しそうですよね。そんな銀行のカードローンでも審査が甘い商品はあるのでしょうか。(参考ページはこちら→派遣でも大丈夫なカードローンはコレ!

銀行カードローン商品の中にも審査の甘いものがあります

銀行のカードローン商品って審査が厳しいってよく言われるんだけど、これは単なる噂ではなくて本当のことなのよね。もともと銀行がお金を貸す時って、預金として顧客から預かったお金を元手にしているものだから、貸したお金が返ってこなかった時の影響ってかなり大きいのよね。いい加減な審査ばかりしていると、貸したお金が回収できずに顧客が預金を引き出すときに返せないとか、その銀行の信用にかかわるような影響が出てしまうものなのよね。だから審査が厳しめになるの。

でも、その分信用できる相手に貸すという意味からも、自分のところから資金源を用意できるという意味からも、低金利で商品を提供できるメリットを持っているわ。かといって、同じ銀行の商品でも、全てが同じような金利になっているわけではないのよ。消費者金融で借り入れをする時もそうなんだけど、審査結果や借入金額によって金利が高くなったり低くなったりするものなのよね。

特に銀行の商品って細かく条件が設定されていることもあって、その条件を全て満たしていればより低金利で借り入れができることもあるのよ。つまり、逆を返せば、銀行のカードローンでも、条件を緩くする代わりに金利を高めに設定することによって貸し出しをしている商品もあるということなの。

中には専業主婦または専業主夫でも借り入れができる商品もあったりするのよ。その場合は配偶者の収入が返済能力として見られていることになるんだけど、本人に収入がなくても借りることができるくらいだから、パートや派遣社員でも継続した収入があれば借り入れ可能な商品もあるのよ。その代わり、金利が他の条件の厳しい商品より高くなることもあるんだけど、銀行カードローンでも審査の甘い商品はあるということになるのよ。

審査が甘い銀行カードローンは存在するのか

銀行カードローンの特徴としては、低金利設定で融資枠が広いという事が挙がります、利用者にとって有利に使える銀行カードローンですから、審査に厳しいという傾向があり、銀行審査に通らないという方もいます。銀行と一言で言っても審査基準は銀行ごとに違ってきますし、サービス内容も変わります、そこで審査が甘い銀行カードローンがあるのかどうかというと、融資枠によっては柔軟に対応してくれる所も沢山ありますから、銀行は厳しいと諦める事なく申込みを行うと良いでしょう、返済能力があると見なされて信用される事で通りますから、安定した職業と収入があり、在籍年数が長かったり、他社からの借金もなく、過去の返済歴が悪く無い方は通りやすくなります。

銀行でも不安定な職種の方でも、契約によって融資額が決まりますから、最初は少ない金額を融資してもらう形で挑めば、通りやすくもなりますし、返済を確実に行って実績を高めていく事で、信用されて枠も広がっていく可能性もあります、バイトやパートの方でも利用可能ですし、地方銀行等では、営業エリア内に居住や就職されている方に積極的に融資を行っており、融資枠の大きいものから小さいものまで用意されています。銀行で通らない時は、審査が甘いと言われる消費者金融を利用するという方法もありますが、消費者金融は金利が高いですから、返済が長期化したり借り入れが大きくなると返済負担が大きくなる傾向があります、利点としては急な出費にも対応してくれるスピード感や利便性ですが、低金利で利用出来る銀行カードローンの方が安全に使う事が出来ます。
(⇒銀行とは違った消費者金融の良さをピックアップ

大手銀行で希望額が大きくなるほど厳しくチェックされる事になりますから、返済能力に不安がある方は、最初は融資枠の小さいチェックが甘いサービスから利用するのも良いでしょう。いずれにしても、カードローンを利用出来るようになったら、キャッシングやローンを行えるようになります、便利なものですから使い過ぎに注意して計画的に返済しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.