高齢でも審査通るカードローンがあったら是非知りたい!

あと数年で退職という年齢ですが、子供の結婚や親の介護が重なり、まとまったお金が必要です。どこかで借りようと思うのですが、高齢だけに不安です。

そこで、高齢でも安心して借りれるカードローンはあれば是非知りたいです。実は退職後の生活にも不安を感じているので、年金生活になってからも借りれると有難いです。(参考ページはこちら→年金でもOKなカードローンを探す!

高齢者向けのカードローンは信用金庫にあります

お金が必要になるのに年齢は関係ありません。でも消費者金融や銀行のカードローンの申込年齢には上限があって、65歳や66歳というのが一般的な基準になっています。これを越えてしまうと、残念ながら新規申込はできなくなります。もしもこの年齢に近い人でカードローンを検討しているならば、上限を越える前に申込んでおくべきですね。

でも申込年齢の上限に近いと、若い人達の中で審査を受けるには気弱にもなってしまうというのもよく理解できることです。でも60歳前後であっても、安定した収入さえあれば審査には何ら問題はないので、ぜひ安心して申込をしましょう。高齢の方は、若い人に比べると収入も安定している上に勤続年数も高いので、借入には決して不利っていう訳じゃないんですよ。

ただし年齢が高いと、心配になってくるのが退職のことなんです。例えば65歳で退職するとしたら、その後再就職をしない限りは収入を年金に頼ることになります。そうすると経済状況もがらっと変わるし、勤務先も変化したり無職になったりする訳だから、本来ならばそれまでのカードローンの契約内容もそれに応じて更新しなくてはなりません。

消費者金融の場合、実は収入が年金のみという人は申込ができません。年金生活者であっても、何らかの収入があることが審査の条件になっています。退職後新たに仕事をしない場合、現在のカードローンは何とか更新時までは使えても、その後の借入はできないということになります。

でも実は、銀行には高齢者向け年金生活者用のカードローンというものがあります。これならば仕事をしていなくても大丈夫。ただし年金を受け取っていることが条件なので、このカードローンを使うつもりならば、退職後すぐに年金受取の手続きをしておかないといけません。早い目に退職した人は、受取年齢を引き下げてもらうようにしましょう。

退職までまだ間があるのであれば、その間は通常のカードローンや目的別ローンを借りておいて、その後年金生活者用カードローンへ移行するのがお勧めです。スムーズに移行するには同じ業者内の方が何かと便利ですよね。このような高齢者向けカードローンは信用金庫の商品にあります。是非一度、地元の信金で相談してみましょう。
(⇒意外と柔軟?信用金庫のカードローンはどんなの?

高齢でも審査通るカードローンについて

若い間は家を買ったり車を買ったりなど不動産などによって高額のもの買う時に、カードローンを利用される方もいますし、子供の教育資金などのためにカードローンを使われる方もいます。つまり若い時はたくさんの出費がかかるものですし、実際それに対して資本もないのでどうしてもローンを組みがちで、その中の1つの選択肢としてカードローンというのも考えられます。ところがある程度年数を重ねてくると子供も巣立って夫婦2人で生活するとなると、カードローンを利用することもほとんどなくなってきたり、資金もある程度蓄えがあるのでそれほどローンをしなければまずいと言うこともなくなってくるので、若い時ほどそれほど真剣にローンの組み立てに対して意識を持つ人が少ないものと思われます。
(⇒どんな場合でも使えるカードローン

ところが状況によっては高齢者になってからでもローンを組んだりしなければならない時もあります。しかし若いときと同じようなローンを組むことができるのかといえばそうでもありませんし、むしろ意識としてはこんな高齢者になってからでもカードローンをつかえるのかという悩みの方が先に買ってしまい、カードローンを組むことするの億劫になってしまいます。孫などのために大きな買い物してあげたり、二世帯住宅にするために住宅資金としてローンを組んだりなど高齢者になってからでもしなければならないケースが多々あるものです。

こういった時に覚えておきたい事は、高齢でも審査通るカードローンがあるということです。これを意識しておけばいつでもカードローンに対して抵抗なく高齢者でも安心して対策を立てることができるはずです。いついかなる時でもお金が必要なものです。そんな時でもすぐにでもカードローンという選択肢があれば、ためらうことなくお金を融資できたりまたはいろいろな物を購入するのに挑戦することもできるはずです。高齢者だからといって諦める必要ありません。審査通るカードローンはあるのですから。

【参考ページ】
特に柔軟な金融業者について解説

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.