カードローン業者に転職したことを伝えなかった場合はどうなる?

引っ越しをした時というのは知り合いや会社などに色々と届け出なければなりません。引っ越しは大変だからやりたくないという人が多いのはそのせいですが、カードローン業者にもちゃんと住所を教えて置かなければ郵便物が届かなくなるでしょう。しかし、転職したことを伝えなかった場合はどうなるのでしょうか。

いまどき転職をしないという人のほうが少ないかと思いますが、転職をしたことを伝えなかった場合にはなにか枠が小さくなるとかのペナルディがあったりするものでしょうか?(参考ページはこちら→転職したという旨を伝えなかった場合の問題

転職がばれなければいいが場合によっては枠が減少も

銀行系カードローンでも消費者金融でもそうですが、転職をしたことを伝えなかった場合にはそれなりのペナルティがあります。もちろんそれがばれた時なんですけれども、そのバレた時には枠が減少したり信用を失ったりすることになるでしょう。ただ、パート・アルバイトなど移り変わりが激しい職も多いですから、必ずしもペナルティがあるというわけではありません。
(⇒パートやアルバイトがカードローンを使う場合についての補足

業者側からするとカードローンを使っている人の職業というのはちゃんと把握しておきたいと考えています。なぜならカードローン業者は仕事によってその枠であるとか貸出金額を変えています。公務員ならたくさん貸出枠を渡して金利を低くするというような感じです。ですから職業を知りたいところで、ちゃんと把握しないと貸出額や金利を決められないのです。

つまり今よりも収入が減っているとか、安定性がないような職業になっているという時にはカードローン業者側は枠を下げることになるということです。もちろんそれが発覚したらということになります。例えば正社員で働いていたのに非正規社員に変わってしまった時は、それが判明すればかなり枠を小さくされるでしょう。

というようにバレるまでは何とかなっても、転職をしたことを伝えなかった場合にばれてしまえばそれなりの変更があるということは覚悟しておいたほうがいいでしょう。もちろん良い所に転職をしたならばすぐに伝えたほうがいいと思います。そのほうが枠なども大きくなるでしょうから。

カードローンで転職したことを伝えなかった場合はどうなるの?

カードローンを利用する中で転職をして勤務先情報が変わったとき、転職したことを伝えなかった場合はどうなるの?と疑問に思うことがあります。基本的に転職をして勤務先情報が変わったならしっかりと契約先の会社に連絡をして登録情報の変更をしなければなりませんが、この変更手続きをしなくてもすぐに利用停止など、不便なことになることはありません。

簡単に言ってしまえば、転職しなかったことを伝えなかった場合でもカードローン返済に問題がないなら、特に気にする必要はありません。登録情報を変更しないと言っても、それは嘘をついているわけではなく登録情報を変更していないだけなので、悪いことではありません。人によっては生活が忙しすぎて登録変更を忘れることもあるものです。

転職したことを伝えなかった場合に困るケースとしてはカードローン返済でトラブルが起こったときです。返済が遅れると契約している会社から連絡を受けることになりますが、最悪の展開としては催促や督促を受け訴訟になることもあります。このように返済トラブルになった時にどうして登録情報と現在の勤務先情報が違うのか、どうして早く登録変更をしなかったのかなど、色々な意味において非常に不利となります。そのため、こうした返済トラブルで不利になる状況を避けるためにも転職後はしっかりと登録変更しておきたいものです。

カードローンの登録変更は何も難しいことはありません。店頭窓口へ行けばいつでもすぐに登録情報を変更することが出来ますし、インターネットに対応している会社ならネットからログインして自分で簡単に登録情報を変更できる会社もあります。勤務先情報を変更する場合、必要に応じて収入証明を再度提出しなければならないこともありますが、その場合は会社から連絡がやってくるので指示に従うと良いです。転職したことを伝えなかった場合に困ったケースとならないようにしっかりと変更手続きをしておくと良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.