カードローン、自転車操業に陥る使い方とは

キャッシングベスト3

カードローン、どんな使い方をしたら自転車操業に陥るの?

カードローンを使いたいと思っているんですが、同時に怖さも感じています。お金を借りたい理由は、お付き合いが続いてちょっと金銭的に心配になったからなので、一時的なことではあるんですが、カードローンを使うことで自転車操業に陥り、結局返すことができなくなって困っている人もいると聞きますので、そこが不安なんです。
(⇒カードローン利用で陥る自転車操業状態について

カードローンを使う時に、どんな使い方をしたら自転車操業に陥るのでしょうか。それは避けたいので、教えて欲しいと思っています。

自分が返せる以上のお金を借りると自転車操業に陥ります

カードローン利用における自転車操業って、そもそもどういうことかというと、借金を返すために新たな借金をする状態に陥っていることを言うのよね。でも、借金が返せなくなっても、最初のうちはやんわりとした督促の電話がかかってきたりするだけだから、どうしてもやりくりが上手く行かなくて返済日にお金が返せなかったとしても、お金に余裕ができてからすぐに返済をすればその後問題が大きくなることは無いものなのよ。
(⇒借金返済に遅れると電話がかかってくるのか?

だけど、滞納し始めてからの期間が長くなると、督促の内容もだんだん厳しくなっていき、最終的には法的手段に訴えられることもあるのよね。だから、それを恐れて借金を返済するために次の借金をしてそれを返済するということをつい考えしまうの。確かにそれをすれば法的手段に訴えられることは避けられるかもしれないんだけど、問題なのはお金を借りると利息が付くということなのよね。

借り入れが長期間になれば、だんだん利息が膨らんでいくの。だから、同じ金額を借りていたとしても、返済に時間がかかる方が最終的に返済しなければいけない金額が高くなってしまうのよ。それに、滞納した場合、支払いが遅れた日数の分だけ遅延損害金といって余分な利息がついてしまうのよね。それも返済総額を増やすことにつながるのよ。

だから、あらたな借金をして今の借金を返すことは、目の前の問題を解決しているように見えるかもしれないけれど、結局負担を先送りにして、さらに負担を増やしていることになるのよね。そう考えると、確かに怖いと思う気持ちもよくわかるし、実際に怖いことだと私も思うわ。

でも、そういう状態に陥る原因って、考えてみたらすごくシンプルなことで、要は返せないお金を借りたことが原因なのよね。だから、今月は無理でもボーナス月まで待てば返済できるとか、今入り用でも次の月はそれがないとか、自分の収入をもとに考えて借り入れをすればそういう状態にはならないはずなのよね。結局、自転車操業に陥るカードローンの使い方とは、返済できるお金以上のお金を借りるような使い方だというわけね。

お金を借り始めると、それに慣れてしまって少し困った気がするだけでお金を借りたくなってしまうものなのよね。だから、そういった借り方をしないことを心掛ければいいということなのよ。自転車操業に陥ることを避けるためには、本当に必要なお金以外借りないようにするだけでいいの。カードローンって、上手く利用すれば本当に家計の助けになるんだけど、使い方を間違えると困るものなのよね。借り入れをする前に、そういうことをきちんと知っておく必要があるということね。

カードローンで自転車操業をしてはいけません

カードローンは設定した限度額までならいくらでも借りたり返済できるという非常に便利な貸金サービスです。カードを使って借り入れができますし一度カードを作ればそのあと審査をしなくてもいいのです。そこが魅力的なところなのですが、一つ気を付けるべきことがあります。それは自転車操業です、借金を返済するために別の会社から借金をするということを繰り返すことを指します。これ祖続けていますと最終的にはどこからも借りられなくなったり、また借りられたとしても金利が非常に高い会社や闇金融から借りなければいけなくなります。

これを続けていますと確実に自己破産に行きついてしまいます。もちろんカードローンを利用する方はそうならないようにしているつもりかもしれませんが、意図しなくてもそうなってしまうこともあるのです。自転車操業を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。まずカードローンを利用するときの限度額ですが、できるだけ低い額に設定するのも方法です。低ければ借りたくても借りられません。しかし返済能力を上回るほど借りることもありませんので自転車操業を回避することができます。そもそも自転車操業になってしまうのは自分が返済できる限度以上に仮てしまうからです。
(⇒返済が出来ない人の最終手段とは?

あと、カードの必要性が無くなればすぐに解約をするのも方法です。とりあえず何かあった時のためということで金庫の中に入れたままにする方もらっしゃいますが、何かをきっかけにたくさん使ってしまうこともあります。カードがない場合にはまた契約をして借りなければいけませんがその作業が面倒ということで借りずに済むこともあるのです。便利なサービスであることが魅力的なカードなのですがその魅力をいい方向で利用するためにも自分の返済能力をきちんと把握することが大事なのです。節度のある方が使う分に関してはただただ便利なサービスであり、何もデメリットはありません。毒とするか薬とするかはその人次第なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.