カードローンの借換え体験談を信用してもいいの

最近、生活費も上がるし夜の付き合いもあるもんで、結構カードローンを組んでいる人が多いらしい。自分も2か所からまとまったお金を借りていて、利息もかかっているので、借換えをしてローンをまとめられると少し楽になるのかなァと思っているんだけど。本当に、複数から借入したキャッシングを楽に返済できるなんてあるの?(参考ページはこちら→借り換えによって変わる返済の難易度

一本化できるローン経験者の話を聞くと納得でしょう

最近、銀行からなかなか借入出来なくて、皆さん消費者金融に頼って複数の業者から借りている人が多いようですよ。消費者金融だって今は金利が高いわけではありませんが、車や住宅ローンなんてあると、返済日も会社によってまちまちでそれぞれに利息も掛かるので、正直しんどいですよね。これを解消するのが、ローンを一本化する制度です。

消費者金融を小口で複数借入すると、それぞれの借入は利息に関する法律に触れていなくても、まとめて月々の支払を調べてみると、とんでもない額になっていますよね。住宅ローンやマイカーローンなどは貸金業法では例外扱いですので、他に借入したいとなれば、融資を受けることができるため多重債務のスパイラルに落ちいてしまいます。

これを救うのが一本化ローン。銀行や銀行系などは低金利でできます。「借り換えすると金利が安くなると」とインターネットで謳っているところがほとんどです。ですから、もし複数の借金で苦しいなと感じたら、まずは低金利で一本化ができるところを探してみましょう。一本化できるローンは勿論、複数の借金を抱えている人が対象ですから、審査が通るか通らないか心配をする必要もないですし、金融業者も長く顧客であって欲しいわけですから、窓口での相談にも親切に対応してくれますよ。友達も、困って末にワタシに相談なんて持ちかけてきましたから(笑)、わたしにもどうにもできることではありませんので、
ネットで何か良いヒントが無いか調べてみて、一番最適な一本化ローン商品を探すことが出来ました。

金利を安く抑えることが出来た友人は、返済にも余裕を持つことができて、さらに利息を抑えようとまとめて返済し、見事に完済しました。ですから、はやく借金から逃れたい人はローンの一本化を検討したほうが良さそうです。

【参考ページ】
借金のおまとめで助かった事例

カードローンの借換え体験経験談について

各カードローンの設定枠は、決して多額にはなっていません。50万円とか30万円とか、割合少額になっているケースが多いです。しかし、各カードローンから融資を受けている場合には、各々に返済していくことになりますが、各カードに最低返済額が設定されているので、例えばカードローン残高が多額でなくても、月々の返済額が多額になってしまい、返済できなくなった経験のある人も少なくないのです。2010年に総量規制が施行され、各個人の借入総額は収入の3分の1にまでに制限されましたが、その総量規制枠の範囲でカードローンを開設し、更に、まだこの融資枠に余裕があっても、各カードの最低返済額が多額となってしまい、返済能力を超えるケースが少ないのです。

こうしたケースに対して、各ローン残高をまとめて、借換えすることでローン残高に見合った返済能力を取り戻すことができるのです。まとめる前も、まとめた後も借入利率に大きな変動はないので、月々の返済金額を抑えることが出来るのです。
口コミサイトの体験談などでも、クレジットカードやキャッシングカードの借入残高が多額でもないのに、月々の支払不能に陥った多くの人たちがローンをまとめる借換えを行うことで、対応しているのです。

カードローンの開設時に、キャッシングの設定がありますが、設定枠が低い場合、翌年度以降の継続手続きで収入証明書などを提出する必要がないので、低めの設定枠のカードを複数持つ人が少なくありません。このため、月々の支払が返済できなくなるケースの主な理由になっていますが、できるなら最初のローン口座開設時にできるだけ証明書なども提出することでローン枠を大きくすることも可能なのです。こうした借換えができるのに、手続きや知識を知らない人が多く、返済能力が十分にあるにも関わらず、苦しんでいる人が少ないのです。ローン設定枠を低くすると手続きが早いメリットがある分、こうしたデメリットに陥りやすいのです。
(⇒カードローンとキャッシングの用語における違い

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.