在確がなかった!?カードローン審査ってどれもそうなの?

こないだカードローン審査を受けて無事通りました。さっそく給料日前に少し借りてピンチを切り抜けることができてほっとしてます。返済もこれからですが頑張ります。

ところでほっとして思い出したんですが、よく考えると審査の時に在籍確認がありませんでした。在籍確認をせずに審査が済むことってあるんですか?今ってどこもそうなの?もしそうならラッキーだったな。うちの会社って人間関係ややこしいから気が重かったんですよ。
(⇒在籍確認はいつ行われる?

在籍確認は気づかずに済んでる場合もありますよ!

「カードローンは借りたいけど、勤務先に電話がかかってくるのだけは困る!」そう思ってる人も多いんじゃないでしょうか?家族や友達にも知られずに借りたいと思っているのに、よりによって勤め先に電話なんてされちゃ困ると思うのも当然ですよね。でも実際には、在籍確認って心配するほどのことじゃないんです。

基本的に在籍確認とは、勤務先にその人が確実に在籍しているということが一方的に分かればそれでオッケーということになります。業者名を名乗る必要も意味もありませんから、担当者の個人名でかかってきますよ。「○○と申しますが、○○さんは居られますか?」と聞かれた人が「○○は外出中です」と答えたとしたら、これで在籍確認はとれたってことになります。つまり当人が必ずその場に居て、電話に出なきゃいけないという訳じゃないんですね。

殊に電話が頻繁にかかってくるような職場では、本人が席を外している間に在籍確認の電話があったとしても、特に用事がなさそうなら本人には伝えないかもしれません。また本人も「○○さんて人から電話あったよ」と言われても「あ、そう」で忘れちゃってる可能性もあります。つまり在籍確認が非常にスムーズだったために、本人にすら気づかれないまま済んじゃった訳ですね。正に在確の理想的な形です。

このようなケースは、別段珍しいことじゃありません。特に営業電話などの頻繁な忙しい職場ではよくあることです。逆に困るのは、滅多に電話のかからない職場で、決まった人が決まった用件でしかかけてこないというような職場ですね。このような職場で個人宛に電話があると、それはそれは目立ってしまいます。田舎にお住まいの方ならばお分かりでしょうが、よそ者が通ると周囲の好奇心と警戒心の的になっちゃいますが、それと全く同じです。これじゃちょっと困りますよね。(参考ページはこちら→在確は知らないうちに終わる事もある?

そんな場合は最初っから「カード作るので電話かかってくるよ」と言っちゃった方がいいかもしれませんよ。こういう時に下手に隠しだてすると、なおさら他人の興味を惹いてしまう結果になってしまうからです。事前に業者に相談して、なるだけ負担が少なくなるようにしてもらうというのもひとつの方法ですが、先手を打って最初に打ち明けてしまうというのもいい方法です。

カードローンで在確がなかった人もいます

カードローンの申し込みをすると、在確があることが多いです。在確とは在籍確認の略で、勤務先に在籍しているのかどうかを確認する事を指します。審査の過程の一つとして行われることは多いです。在確が行われるかどうかは金融機関によって異なっていますし、借り入れをする人によっても異なっています。ですから、在確がなかったということもあります。

すでに他のローンを利用している場合、そのローンで在確が行われていることもあります。このような場合には改めて在確が行われないこともあります。他にも、すでに取引のある銀行でカードローンを利用しようと思ったときにも在確が行われないこともあります。他にも、健康保険証や収入証明書卯などを提示することで、会社で働いていることがすぐに分かる場合もあります。このような場合にはわざわざ在確が行われないこともあります。

在確を行って欲しくないというのであれば、もともと在確を行わずに融資を行うサーいすを利用するのは良い方法でしょう。金融機関の中には、在確を行わないものもあります。これをウリにしてお客さんを集めたいと考えている金融機関もあるのです。ですから、このような金融機関を探すのが良いでしょう。

在確がないサービスもあるのですが、それが審査の一環であることを忘れてはなりません。審査の一環ですから、在確が行われないと言うことが意味するものは審査がゆるいことです。審査がゆるければ、融資の条件は悪くなることが多いと考えておきましょう。例えば、借り入れできる金額があまり多くない傾向があります。数十万円くらいしか借りることができない場合が多く、数百万円を借りようと思ったときには在確が行われるケースは多いです。

金融機関によって違いはありますから在確なしで借りることができる場合もありますし、そうではない場合もあります。ただ、在確が行われたとしても会社に知られる可能性は非常に低いですから、在確の内容を確認してから判断するのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.