楽天銀行カードローン増額流れはどうなってるの?

私は契約社員なんですが、楽天銀行カードローンが審査に通りやすそうなので申込んでみました。そしたら本当に通ってラッキーでした。でも限度額はとっても低いんです。

とにかくもう少し借りれないとやってけません。さっそく増額の申込をしたんですが、なかなか返事がないのでイライラしてます。ここの増額の流れはどうなってるんでしょう?

楽天銀行カードローン増額審査は時間がかかる場合もあります

楽天銀行の増額の申込は、最低半年間経ってから申込むことになっています。少なくともこのくらいは経たないと、利用状況や返済実績について評価ができないからです。そのため、もしもまだ利用や返済が十分ではないのにもかかわらず、増額の申込をしたとしても、希望通りの結果は得られませんよ。反対に増額の申込が早過ぎてしまうと、不審感をもたれる可能性だってあります。

その他の状況からも怪しまれることがあった場合、場合によっては減額されて利用可能額が減ってしまうことだってありますから、準備も整わないのにやたらと増額をせっつくのは考えものですよ。増額は適当な時期になれば楽天銀行の方からお知らせがありますから、それを待ってから申込むのでも決して遅くはありません。

ただし実はこれは楽天銀行に限った話ではないのですが、増額のお知らせがあったから審査の申込をしたのにもかかわらず、その結果審査に落ちてしまうということが起こる場合があるんです。別に増額なんてしたいと思っていなかったのに、わざわざ言ってきたからこそ申込んだという人だっていますから、その結果の審査落ちというのは何とも納得のいかない話ですよね。

増額の勧めをしている営業担当の人と審査部門との間にはこれに関する申し送りはなく、業者から持ちかけた増額であろうと、利用者側から申込んだ増額だろうと、特に区別することなく同じように審査をしているのだと考えられます。営業担当者としては増額して利用額が増えれば成績アップにつながりますから、チャンスがあればなるだけ増額を申込んで欲しいのでしょうが、それが審査結果には繋がらないとしたら、利用者にとってはちょっと残念な話ですよね。(参考ページはこちら→増額は相手から連絡が来る事もある?

このように増額の審査は別の所がやっていますので、審査結果が出るまでに時間がかかることもあります。新規申込時の審査は、他との競争もありますからどこもスピーディーですが、増額審査の場合は急がず後回しになっているのかもしれません。通常の審査の流れとしては、ネットなどで増額の申込をすれば、審査、必要書類である年収証明書などの提出、そして審査結果の通知ということになりますが、後回しになっているとしたら審査そのものがまだ始まっていない可能性もありますよ。あまりせっつくのは色んな意味でもよくありませんから、もう少し待ってみましょう。

【参考ページ】
カードローン増額の基礎について

楽天銀行カードローン増額流れはどうでしょうか

楽天銀行はネットショッピングサイトや最近では野球チームで有名な楽天が開設した銀行で、業界でも最低ランクの低金利が魅力となっています。さらに楽天銀行では返済方式が2種類あり、残高リボルビング方式と利用限度額定額方式の二つの返済があり、カードローンや個人の事情によって有利な返済方法を選ぶことができますので、日々の生活に困窮しない程度に返済を行うことを自分で選ぶことができます。そんな楽天銀行カードローン増額流れは可能なのでしょうか。
(⇒返済にリボ払いを使うならこちらをチェック

カードローン業者に対して利用限度額の増額を行うことは非常に難しいです。その理由は利用限度額の増額を行うということは単純に銀行にとっては利息が増えることになりますので、利益が増えて喜ばしいことに思えますが、同時に返済を受けることができないというリスクも増えることになりますので、手放しには喜べません。そのた目銀行はもう一度返済能力や信用情報について検討するために、審査を行うのですが、一度やった審査をもう一度、しかも借主の都合のために行うというのは銀行にとって非常に手間です。そのため銀行は増額の申し込みえお基本的に断ることが多いです。

しかし楽天銀行は公式サイトにて利用限度額増額の方法について規定しています。楽天銀行では、会員の方がメンバーズデスクから申し込むという方法と、電話で申し込むという方法があります。この申し込みの後、楽天銀行は再度借主の返済能力などについて審査を行い、それに通った時に利用限度額の増額を認めることになります。このように楽天銀行は顧客の都合を考えてしっかりと対応してくれますので信頼することができます。現在銀行のカードローン業者はメガバンクがカードローンを始めたため、顧客を奪い合う状況となっており、顧客を他店に奪われないためにお客さんのニーズにはできるだけこたえるようになっているのです。そのため昔とは違い少しくらいのわがままでも銀行に行ってみると案外聞いてくれたりします

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.