失業保険中にカードローンの借入れできる?

キャッシングベスト3

失業保険中にカードローンの借入れはできますか?

2ヶ月前にリストラされてしまって今は就職活動中です。リストラなので給付制限はなくて待期期間が過ぎるとすぐに失業保険はもらうことができたのですが、それでも今までの給料よりは受け取る額が少ないので貯金を切り崩しながら生活していました。国民年金や国民健康保険などは失業中も払わないといけないので出費が多くあっという間に貯金は底を尽きてしまいました。

そこで、失業保険を受取るのに支障がない程度にアルバイトを始めました。アルバイトをしながら失業保険も受け取り何とか生活できる状態に持っていくことができました。けれど、稼ぎすぎると失業保険はもらえなくなるので働くのをセーブしながらあくまでも再就職を目指していました。

そんな時に急に実家に帰る必要が出てしまって、往復の交通費で5万円必要になりました。この出費を何とかするために思いついたのがカードローンなのですが、失業保険中でもカードローンから借入れはできますか?

消費者金融からお金を借りるには安定した収入が必要

失業保険中にアルバイトをしているというケースではまれに借入れができる事があります。しかし、離職してからアルバイトを始めたのでは勤続年数は2ヶ月となるので安定した収入と判断してもらうには短すぎます。離職する前からアルバイトをしていた場合で勤続年数が少なくとも半年以上あるというのなら安定した収入と見なされることもあります。
(⇒アルバイトだけでお金を借りる

消費者金融からお金を借りるには安定した収入があることが大前提なので、失業していて収入が不安定という状況では残念ながら借入れできる可能性は低くなりますね。

失業保険中は銀行カードローンがお勧め!

失業保険中にカードローンの申し込みをするなら銀行がお勧めです。失業保険中は失業保険を収入として申し込むのではなく、現在無職で収入がないという状況で申し込みをすることになるので、これはしっかりと覚えておかなければなりません。仮に失業保険を収入とするにしても、いつかは切れるものであり、審査で有利になることはほぼありません。(参考ページはこちら→無職なりのカードローンの作り方

では、収入がない状況でどのようにして銀行へカードローンの申し込みをするのかと言いますと、それは銀行が総量規制が適用されないので収入証明不要で申し込める銀行を選びます。これによって、現在転職活動をしながら失業保険を受け取っている人でも簡単にカードローンの申し込みをすることが出来ます。

こうして申し込みをしたとしても、収入がないことで審査に合格できるかどうかは不安に感じると思いますが、その点は何も心配することはありません。銀行へ収入証明不要で申し込むのは、銀行がそれを認めているからであり、収入証明を出さないことで審査で年収は問われなくなります。つまり、身分証明だけで申し込むことができたなら信用情報など収入以外で大きな問題点がない限りは簡単に審査に通ることが出来ます。

また、上記のように銀行へ申し込みをするときは金利をしっかりと比較して、低金利を利用することが可能です。そして、収入証明不要で申し込むときは申込先の銀行の利用条件にある限度額を守ることになるので、どうしても限度額が低くなります。しかし、カードローンはいつでも増額申請を出すことができるので、失業保険中に転職活動をしてうまく勤め先を見つけることが出来た時に、収入が安定するので増額申請から限度額を増やすと良いです。上記のように失業保険中はカードローンを利用することが難しいように感じますが、意外と銀行から申込先を探しますと簡単に合格できる銀行を見つけることができるので、転職資金などお金が足りないときは探してみると良いです。

【参考ページ】
カードローン審査において収入証明はどれくらい大事?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.