総量規制対象外で借りやすい銀行カードローンとは?

総量規制対象外だから年収の三分の一を超えて借入れができると言われている銀行カードローン。高額を低金利で借りることができるけど、その分審査は厳しいとも言われていますよね?借りやすい銀行カードローンとはあるのですか?
(⇒銀行の審査における補足

それに、○○銀行系の消費者金融といった金融機関もありますよね?これも銀行系だから総量規制の対象外となるのでしょうか?

総量規制対象外となるのは直接銀行からの借入れだけ!

銀行カードローンは低金利で総量規制の対象外なので年収の三分の一を超えて借入れができるという点が魅力的ですよね。高額な借入れを考えている時には年収を気にせず申し込めるので助かりますよね。しかし、低金利となるとやはり審査が厳しくなる傾向にあります。それでも新規顧客獲得のためにお金を貸したい銀行としては以前に比べると審査は緩くなりつつあります。

そのため、自分の収入と照らし合わせて借入額はいくらまでが妥当な金額なのかを客観的に検討すると良いでしょう。

また、銀行系の消費者金融での借入れと銀行の借入れでは大きな違いがあります。それは総量規制の対象となるかどうかでしょう。銀行系の消費者金融では貸金業法が適用となるので、総量規制の対象となります。銀行の傘下に入っている消費者金融からの借り入れは直接銀行からの借入れではないので総量規制の対象外ではありません。

○○銀行といった直接銀行からの借入れだけが銀行法の適用となるので総量規制の対象外となります。その際には保証会社にグループ会社の消費者金融がついていたりしますが、直接借りるところは銀行となるので総量規制の対象外となりますよ。

銀行系と銀行では借りる時の限度額で大きな違いがあるので注意をしましょうね。

銀行カードローンとは借りやすいものです

銀行カードローンとは、都市銀行や地方銀行で借りることができるキャッシュカードのような形状のカードで借りたり返済ができるタイプのものです。特にこの銀行カードローンは、いわゆるグレーゾーン金利の影響や消費者金融で借りすぎて返せなくなったりして最悪の場合、自殺したりする人の救済のために総量規制が設けられました。具体的には収入の3分の1までしか借りられないということになりましたが、その総量規制の対象外なのがこの銀行カードローンの一つの特徴となります。いつも使っているメインバンク、都市銀行であれ地方銀行であれいずれの場合であっても、今まで使用していたという安心感があるので、一枚程度は持っていても万が一の時に非常に心強いものになりますので、安心できると言えます。

無論、こうした銀行カードローンを作成するに当たっては銀行側で所得や返済能力があるかどうか、また、他者での借り入れ状況はどうか、また、信用情報会社での登録情報はどうかなどを細かく調べられますので、誰もが借りられるわけではありません。しかしながら、いつも使用している銀行の銀行カードローンであれば、万が一返済し忘れなどは起きにくいですし、また給料がその口座に振り込まれるのであれば、自動引き落としのような形で返済ができる場合もあります。

なお、複数の金融機関から借りすぎてしまうといわゆる多重債務者になります。借りたお金で別のところへと返済に充ててしまうといういわゆる自転車操業となりますので、できるだけ借りたらすぐに返すという形で処理を行うことが大切です。万が一返済が滞るようなことになれば、場合によっては法的整理を考えなければならなくなり、その銀行などにも迷惑を与えます。また、その金融機関での借り入れは無論のこと、口座自体を止められてしまいますので、その点にも十分注意する必要があります。借りることができることはいざという時に心強いものですが、利用は計画的にすることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.