カードローン落ちた情報って残るんですか?どうやったら消せる?

去年カードローンを申込んだら落ちちゃったんです。その後何とかなってたのですが、今年になってまたピンチで借りようと思っています。

でも友達によれば、以前落ちた記録が残ってるから今度も落ちるよって言うんです。それじゃ永遠に審査に通らないじゃないですか!これってどうやったら消せるんですか?ていうかこの記録って一体どこに保管されてるの?

審査落ちの記録は信用情報として半年から1年間残っています

お金を借りたことのある人ならば、金融ブラックなんていう言葉を一度くらいは聞いたことがあるでしょう。延滞や債務整理のブラックリストに載ってしまった人のことを、このように呼んでいるようです。このブラックリストはどの業者も見ることができるので、一度リストに載ってしまうとどこからもお金を借りることができなくなると言われています。

でも実際に「ブラックリスト」というものがあるわけではなくて、延滞や債務整理をしたということが、信用情報機関に事故情報として登録されているのです。信用情報機関にはこのような事故情報以外にも、その人の信用情報が蓄積されていますが、業者からの照会があったという履歴もその中のひとつなんですよ。(参考ページはこちら→債権整理とは?

消費者金融や銀行でカードローンの申込をすると、各業者はその人の信用情報を照会しますが、この事実が記録されていく訳です。しかしどの業者が照会したかということまでは分かりません。ただその時期と回数は、業者には分かるようになっています。また審査結果までは記録されていないのですが、その後返済や借入の記録がなければ、落ちたということは分かってしまいますよね。

でもだからといって、次の審査に悪影響が出るとは限りませんよ。審査に落ちたという記録がどのように判断されるかは、その時の状況次第です。もしも短期間に多数の審査を受けているとしたら、今回も審査に通ることは難しいでしょうね。あちこちからお金を借り散らかすような人は、金融機関からはとても警戒されてしまうんです。

でも以前に1度だけ審査を受けて落ちているのであれば、特に問題はないでしょう。お金を借りようとしたけど審査に落ちたので、再度トライすることは決して珍しいことではありません。目安としては、1ヶ月に4件以上の申込になると警戒されると言われています。いくら早く審査に通りたくても、審査申込はこれ以下のペースにしておかないと、ますますお金を借りれない状況になってしまいますね。

このような申込件数の確認は、カードローンだけでなく、クレジットカードの申込もその対象となっています。消費者金融、銀行、信販会社は、業種が違ってもお互い情報をやり取りしているので、申込があったことはすぐに分かってしまいますよ。

このような照会の記録は、消費者金融では半年、銀行では1年の間登録されています。自分の記録であっても、登録期間中は自分では消すことはできません。もしも以前の記録を見られたくないのであれば、半年から1年経ってから審査を受ければ、マッサラの状態で審査を受けることができますよ。

カードローン落ちた情報の3つの理由

カードローン落ちた情報として3つの理由を紹介します。1つ目のカードローン落ちた情報として信用情報があります。基本的に融資を受けるためには信用情報はとても大切なものであり、信用情報ブラックだと高確率で審査に落ちます。信用情報ブラックというのは返済事故や債務整理が該当します。こうした経験を持っている人は落ちる可能性が非常に高いので注意をしなければなりません。(参考ページはこちら→ブラックでもOKなカードローンもある?

カードローン落ちた情報として2つ目の理由は他社の借り入れです。他社の借り入れが多いほど、借金の金額は高額となります。借り入れ件数や借金の金額などが多い人は、それだけ審査に通ることが難しい状況となります。他社で借り入れをしている場合でも、その借り入れをしっかりと返済して新規の借入の返済も可能なほど年収を持っているなら合格することが出来ますが、結局は借金があるほど年収は高額が必要となるので、一般的には審査に通ることはかなり厳しいと言えます。もし、他社でかなり借り入れをしているなら、出来るだけ借り入れを清算しておきたいところです。借金の金額を減らせば減らすほどカードローンの審査に受かりやすくなるので、返済に力を入れたいものです。

カードローン落ちた情報3つ目の理由は自分の年収が低いことです。カードローンは銀行で収入証明不要で申し込みをすることが出来ますが、この場合ですと自分の収入は重要ではないので上記の1つ目と2つ目の理由をクリアしていれば合格できます。しかし、消費者金融など自分の収入証明を提出しなければならない場合は審査でしっかりと年収が考慮されるので、年収が低いほど合格することが難しくなります。上記のようにカードローン落ちた情報として3つの理由をしっかりと覚えておきたいところです。これらの理由に該当しなければしっかりとカードローン審査に受かることが出来ます。3つのすべての項目で良い評価を得ることを心がけてカードローンの申し込みをすると良いです。
(⇒年収はカードローンでどれだけ重要?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.