カードローンの申し込みをすると、職場連絡は必須でしょうか?

急な出費に備えて、銀行のカードローンを申し込もうと思っています。カードローンなどを申込むと職場へ電話で確認があると思うのですが、電話連絡を避けることはできるのでしょうか。今の職場ではうわさ好きの人が多く、職場の人にカードローンを申込んだことを知られたくないのです。ばれてしまうと何を言われるかわからないので、心配です。
(⇒在籍確認で融資利用は発覚するのか?

在籍確認は必要ですが、書類提出などで代替できる場合もあります

銀行カードローンの場合は、在籍確認が必須の場合が多いようです。職場に電話連絡がNGということですが、銀行名で電話がくるだけなので、カードローンの申し込みをしたということはわからないと思います。また本人が不在でも、在籍していることが確認できればいいので、電話に対応した人に色々聞くなどということはありません。カードローンの在籍確認は、申込者が申込書の通りの職場で勤務しているか、ついてはきちんと働いて収入を得ているのかの確認です。返済能力の有無を問われるものですので、カードローンなどのサービスを受けるのであればほとんどの金融機関で必要になってきます。ただし状況によって電話での確認がどうしてもできない場合などは、在籍証明書や近々の給料明細などの書類提出によって申込みできる場合もあります。こちらでも可能かどうかは申し込みの際に確認しておきましょう。

また、一部の金融機関では電話連絡一切なしというカードローンサービスも実施されているようです。ただしほとんどが銀行以外の金融機関になるため、金利面や総量規制の対象になるなどの若干のデメリットがあるかもしれません。こういったところでも勤務していることが証明できるような書類が必要ですが、どうしても電話連絡は困るという場合は銀行以外の金融機関の利用も検討してみても良いと思います。

カードローンは銀行も含め色々な金融機関で実施されています。申込みの手段や、金利面などをいくつか検討してみて、ご自身の都合に合うものを申込みすることをおすすめします。

カードローンで職場連絡があるのは審査が良好だから

カードローンを利用しようとするときには、利用希望者が申込書等を提出して、それを受けて審査が行われます。申込書には職業や勤め先の名前、電話番号を書く欄があります。審査の際には、その申込書の記述に従って、勤め先に職場連絡があります。なぜかと言うと、申込書で申告した勤務先に、利用希望者が間違いなく在籍していることを確認するためです。利用希望者がその勤務先に在籍していることは、審査において大変重要なことです。先ず第一に、申込書の記述に偽りがないことの証明になります。第二に、申込者が定職を持っていて、収入があることの証明になるからです。定職についていなかったり、収入がない方は、中々審査には通りません。
(⇒特にきっちりと書いておきたい勤務先電話番号

そのため、勤務先や年収の欄に虚偽の事項を書いてしまって審査を通してもらおうとしても、金融会社は必ずその申込書に記述されたことに対して裏付をとりますので、嘘を書いてもすぐにばれるのです。職場連絡は、カードローンを申し込むとすぐに行われるわけではありません。審査が本審査まで進んでいる案件に関してのみ、勤め先に電話がかかってくるのです。その前段階の、個人信用情報を確認している段階では、職場連絡はありません。即ち、職場連絡があるのは、個人信用情報の確認が完了して、この申込者は信用できるだろうという判断がなされた後になるため、カードローンの審査が良好な方向に進んでいると言えるのです。

この職場連絡の電話は、カードローンの会社名を名乗ってかかってくることはありません。必ず、その金融会社の担当の方が個人名でかけてきます。そのため、カードローンを利用しようとしていることが、職場に知られることはありません。また、直接申込者本人宛にかかってきますが、だからと言って必ず申込者本人が電話に出なければならないということはありません。偶々席を外していたタイミングであったり、或いは出張等で留守にしていたとしても、職場の他の人がその電話に応対して、申込者が現在不在である旨を伝えるだけでよいのです。そうすれば、間違いなくその職場に申込者が在籍していることが分かるからです。

【参考ページ】
カードローン申し込みで行われる審査内容

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.