カードローンの審査におちるひとには、どんな理由がある?

自分の友人がカードローンの審査に通らないと言っていました。どうも何度か申し込みをしているようなのですが、どれもダメだったようです。友人はきちんと仕事もしており、収入もそこそこあるように思えます。それでも審査に通らないというのは何故なんでしょうか?カードローンの審査に落ちる人にはどんな理由があるのでしょうか?

現在の借入額や過去の履歴が理由として考えられます

きちんと会社勤めをしていて収入があるのにカードローンの審査に通らないという場合は、現在の他の借入も含めた金額や、過去に支払遅延や自己破産などの金融事故を起こしていることが考えられます。他社の借入を含めたというのは、自動車のローンなどの一般のローンも含まれます。消費者金融系などのカードローンの場合は年収の1/3までの金額しか融資できないという総量規制の対象になりますので、他社からの借入やローンなどがある場合は通らないことがあります。

また意外と見落としがちなのが、過去の支払遅延などの事故履歴です。何年も前のだから大丈夫と思っている人もいるようですが、事故履歴は5年程度前までの履歴が個人信用情報に載ってしまいます。カードローンなどの金融サービスの申し込みをする場合はこの信用情報の照会がかならず行われますので、5年以内にこういった履歴がある人は審査におちる可能性が高くなります。

金融機関もビジネスとしてカードローンなどのサービスを実施しているので、理由無く審査に落とすということはありません。もし何も思い当たることがないという場合は、申し込み時に間違った記載がないかなど、基本的なところから見直してみる必要があると思います。

カードローンの審査におちるひとの理由と解決策

消費者金融や銀行、クレジットカード会社等が行っている個人向けのカードローンは、事業性資金以外の利用が認められているフリーローンです。旅行や買い物、生活費不足の解消等、様々な形で利用する事が出来ます。金利が高めに設定されている代わりに、即日融資が期待できるほどの短時間審査が行われています。お金が急に必要となった時の利用に向いている内容です。カードローンは、安定した収入がある20歳以上という事を申し込み条件としているのが一般的な傾向です。細部においては商品ごとに異なっていますが、審査時に必要な書類は健康保険証や運転免許証等の身分証明書1点だけです。つまり、20歳以上で収入があり身分証明書を用意する事が出来れば、誰でも利用する事が可能という事になります。

しかし中には、カードローンの審査に何度もおちてしまうというひとも存在しています。審査におちるという事は、何か足りない部分があるという事です。審査に合格するためには、何が足りないのかを認識した上で改善する事が解決策となります。カードローン審査で重要なのが、他の業者からの借り入れ件数と金額です。複数の業者から多額の借り入れがある場合には、大きなマイナス材料となってしまいます。大手の消費者金融や銀行等の信頼度の高い業者の場合は、借り入れ件数が3件を超えると審査に合格するのは難しいと考えられています。

他の業者に金利を支払っているという事は返済能力という部分で、マイナスの評価が下されます。そこで、申し込む前に借り入れ件数を減らしておくのが、カードローン審査の合格率を高くする具体的な方法となります。既に3件以上の借り入れがあるという場合は、3件以内に減らす事が必須です。カードローンの審査におちるひとは、申し込み条件を満たしているがカードローンを発行するために設定している業者の基準をクリアしていないひとという事になります。クリアするためには、事前の準備が必要となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.