カードローンの審査甘いとこなら誰でも通る?

カードローンに2社申し込んだのですが、どちらも否決。何が原因なんでしょう?カードローンの審査甘いところなら誰でも通るものですか?審査が甘いところってどうやって見分けたらいいのでしょうか。(参考ページはこちら→審査の甘いカードローンを探す方法

ちなみに、年収400万円で既に借金が100万円あります。新たに50万円借りれないかと思って申し込みをしています。

カードローンは金利が高いと審査が甘くなる

カードローンの借入れは消費者金融では年収の三分の一までとなっています。そのため、年収400万円では135万円程度までの借入れが限度となりますね。まずは借入希望金額の見直しが必要でしょう。

しかし、銀行カードローンは利用限度額に年収による規制はありません。総量規制を超えての申込みには最適だと思うかもしれませんが、銀行カードローンは銀行と保証会社の2ヶ所で審査をするため審査は消費者金融よりも厳しくなっています。

また、カードローンでは審査を甘くした場合、返済能力が低い顧客の場合では貸したお金を返してもらえず、会社の損失になる可能性が出てきます。そうなると会社の利益を上げることが難しくなり倒産する可能性も出てきます。そこで審査が甘い場合には利息を高くして、なるべく損失が出ないようにしているのです。(参考ページはこちら→消費者金融は返済能力が無い人には貸せません

審査を厳しくした場合では、返済能力がある顧客を選ぶことで貸したお金を返してもらうことができます。その上利息の回収もできるので利益を上げることができ倒産する可能性は低くなり、そこから事業を拡大することができるのです。

そのため金利が高いところでは審査が甘く、金利が低いところでは審査が厳しくなるのです。また、審査基準や内容は各社で違います。そのためグループ会社ではないところに申し込むことで審査に通る可能性が高くなります。

カードローンの審査甘いという評判は注意が必要です

カードローンを利用する人の中には審査が甘い信販会社の方が安心だという人がいます。しかし、カードローンの審査甘いという費用版には落とし穴があることを忘れてはいけません。どこの信販会社も、審査をする以上は理由があります。審査をするのはきちんと回収できることを確認するためです。その審査が甘いということは何かがおかしいということに気が付く必要があるのです。

一般的に闇金と言われる違法な貸金業者は審査が甘いと言われています。これは、法外な利息を取っているため多少の貸倒は仕方ないと割り切っていることと、いざとなったら非合法な手段を使ってでも取立をするという二つの理由があります。このような業者を利用することは危険なのです。また、合法的な業者でも審査が甘いと言われている業者はあります。このような業者も金利が高く設定されていることが多いです。審査を甘くしないと借りることができない相手と契約しているのですから、金利が高くなることは当然なのです。
(⇒闇金は使う前に見抜こう!

自分の信用力があれば、わざわざこのような業者と契約する必要はありません。カードローンの契約上一番厳しいと言われているのが銀行ですが、銀行のカードローンは融資限度額が高く設定され、金利も安いのです。審査が厳しい銀行で契約することができれば、その方がいいわけです。ちなみに、銀行は既存の取引関係を重視します。給与振込等をしている銀行があれば、そこの銀行でカードローンの申込をすることで手続がスムーズに進行します。

また、信販会社であっても大手の信販会社は中小より審査は厳しいと言われています。しかし、中小より大手の方が金利も安く、利用できるATMも多かったり手数料が無料であったりと使い勝手が充実しています。金利の差も重要ですが、使い勝手の良さも負けずに重要なのです。このように審査が甘いカードローンを選ぶのではなく、少しでも審査が厳しいカードローンの方が結局便利に使うことができるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.