カードローンの審査に落ちる理由を教えてほしい!

何度かカードローンの申し込みをしているのですが、毎回審査で落ちてしまいます。最初は銀行のカードローンに申し込んだのですが、否決されてしまいました。審査が厳しいからかな?と思いノンバンク系のカードローンに申し込んでみたのですが、こちらもダメでした。現在は他の金融機関に借入など無い状態なので、総量規制という可能性もありません、どうしてカードローンの審査に通らないのでしょうか?

借入等の原因も考えられますが、過去の履歴も関係してきます

カードローンの審査に落ちる原因がわからないということですが、過去に他社での借入やクレジットカードなどの支払遅延などを起こしたことはありませんか?現在他社に借入などのがないということなので、考えられる理由としては過去の履歴にあると思います。支払遅延などの事故履歴は過去5年分程度は信用情報機関に履歴が残っています。もし金融事故の履歴があるのでしたら、これがある間は審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。信用情報はキャッシングなどの借入だけではなく、クレジットカードのショッピング枠の支払遅延も対象ですので、ご注意ください。また携帯電話の端末を分割で購入している人が支払遅延を起こすと、信用情報に載ってしまいます。これは携帯端末をローンを組んで購入していることになっているので、支払が遅れるとローンの支払が遅れたということになってしまうのです。たかが携帯代と思って甘くみてはいけません。
審査に通らない理由として年収や勤務年数なども考えられますが、ノンバンク系であれば年収200万以上、勤務年数1年以上で問題なければ限度額にもよりますが、審査には通ると思います。

カードローンは手軽に利用できるイメージですが、金融機関から融資をうける契約です。過去に事故履歴がある方は履歴が消えるまでの期間は、カードローンなどの金融商品の申し込みは難しいと思ってください。どうしても必要な場合は、消費者金融系などの比較的審査の甘いところに申し込んでみるのも一つの手です。

【参考ページ】
返済に遅れる事で出てくる影響

カードローンの審査落ちる原因について

カードローンを申し込んだ時には必ず審査が行われる訳ですが、その時に審査を通って融資を受けられる人もいれば審査に落ちて融資を受けられない人もいます。そして審査落ちる人には理由が有りまして、その人の現在の経済状況や債務状況がそれにあたります。まず最初にあげられるのは審査落ちる人の中での多くの人の共通点は無職である点で、金融機関の融資の目的は利息で利潤を得る事ですから、審査基準の最も大きなポイントでもある安定した収入が有り返済能力が有るかどうかと言う所に有りますから、無職でも家賃収入など安定した収入が有れば審査が通る可能性が有りますが無職で収入も無いとなると返済能力に疑問を持たざるを得ませんので審査は落ちる傾向が強いです。

そして次にあげられるのは複数の金融機関からも借りていると言う点で、少額であれば審査が通る場合も有りますが、多くの場合は多重債務者の傾向としては、複数の金融機関から借りていると言う事はどうしても金額的にも大きい場合が多いですから返済能力の点から考えても、たとえ安定した収入が有ったとしても収入の多くは毎月の他の金融機関の返済にまわってしまいますので返済能力に関しては疑問を持たざるを得ません。

更に多重債務者の中には毎月の返済が滞っている人も少なくありませんので、収入が有っても返済状況が芳しくない場合はカードローンの審査基準上大きなマイナスポイントになりますので、審査で落とされる可能性はかなり高くなりますのでもし自分が多重債務者に該当している場合は、申し込んでも審査で落とされるでしょう。その他にも申込書に虚偽の記載が有った場合や免許証等身分証を偽造して申し込みをした場合も審査では間違いなく落とされ、最悪の場合は公文書偽造で警察に逮捕される場合も有ります。申し込みの時はばれなくてももしばれたら、その時に逮捕されるだけではなく金融機関から損害賠償されるケースも有りますので気を付けましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.