銀行カードローンの申し込みってブラックでも通るんですか?

実は以前クレジットカードで長く延滞をしていたため、ブラックになってしまいました。今回あることでどうしてもお金が必要なのですが、できれば金利も安い銀行カードローンで借りたいんです。

ブラックでも借りれる業者があると聞いたことがあるんですが、銀行でも何とかなりませんか?(参考ページはこちら→ブラックでも融資をしてくれる業者なんて実在するの?

ブラックリストに載らない延滞もあります!まず調べてみましょう

ブラックリストという言葉はとても分かりやすいので、言葉が一人歩きしている感もありますね。少し借り難いというだけで、自分がブラックだと思い込んでいる人もいるようです。カードローンなどの延滞も、数ヶ月以上になれば事故情報としてブラックになってしまいますが、それ以下であればブラックではありません。

その場合、その人の利用履歴に延滞のマークがついているだけです。利用履歴は最長2年間分が照会できるようになっていますから、それを越えればもう見ることはできなくなります。もしも本当の事故情報でブラックになっていれば、5年間登録されてしまいますが、軽度の延滞ならば2年で消えてしまいます。

事故情報とまではいかなくても、軽度の延滞も繰り返せば審査にとってはとてもネガティブな情報になります。履歴のあちこちに延滞のマークがついていれば、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。それで自分がブラックだと思い込んでいる方も多いようですが、実際には自分で考えているよりも早くに記録が消えている可能性もあります。時間を無駄にしないためにも、一度自分の信用情報を確認しておくといいですね。

自分の信用情報を確認するには、信用情報機関に開示請求をしなくてはなりませんが、電話やネットで簡単に申込ができるようになっています。千円程度の料金がかかりますので、3つある信用情報機関のうち、自分の情報が掲載されているところを選ぶといいでしょう。クレジットカードならばCICです。

もしも軽度の延滞であれば、2年経てば銀行でも審査に通る可能性が出てきますよ。でも本当の事故情報のブラックであれば、5年経過するまで待つしかありません。消費者金融の場合、中堅以下の業者であればブラックでも貸してくれるところがありますが、銀行は地方の小さな銀行であってもブラックは難しいですね。
(⇒比較的融通が利く金融業者の種類

銀行カードローンの申し込みでブラックでも審査が通るケースについて

銀行カードローンの申し込みをした場合、それ以前に、金融機関に出回っていて情報共有しているブラック名簿に名前が登録されていると、審査が通ることができません。銀行カードローンの開設の申し込みでは、当然に返済能力も与信審査として検討されるからです。このブラック名簿に登載されている者は、過去にローン返済の不履行や多重ローン常態者、街金や消費者金融など、返済能力がないと判断されている者です。2010年に、多重債務者を作らないことを目的に、総量規制の法律が施行されました。現在では、この総量規制の規定により、年間収入の三分の一を上限にしか、融資枠を設定することができません。

この融資枠には、例外規定として住宅ローン、マイカーローン、医療費ローンについては生活になくてはならない判断から設定されています。このため、銀行カードローンやキャッシングやクレジットカードなども含め、口座開設を申し込んで、この総量規制枠を超えてまで、カードを作成することができないのです。ちなみに、この総量規制の収入を証明するものとしては、会社員であれば勤務する会社が発行する源泉徴収票となり、個人事業を行っている者は税務署で提出している確定申告書の写しになります。この他、市町村が発行する課税証明書であったり、税務署での所得証明書なども代用することができます。
(⇒収入証明は何故必要なのか?

銀行カードローンの利点は、クレジットカードやキャッシングカードの金利利率と比較しても、かなり低めの設定になっている分、申し込んでからの審査やそれが通るまでには時間がかかります。この設定金利についても、上限金利が設定されていて、クレジットカードやキャッシングカードでは上限金利一杯に設定されている場合がありますが、銀行カードローンの金利設定は低金利で設定されているケースが多く、支払利息が抑えられるのです。銀行側が設定している金利は、危険負担も含んだ金利、つまり全体で予想債務不履行も経費に含んだものになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.