何のためにお金を借りるの?カードローン利用の実態

カードローンの利用実態調査というのを見たことがあります。カードローンは利用をしたことがないのですが、私が思っているよりも利用されている方が多いことに驚いています。借りる必要があるのかと思うくらい年収が高い方も利用されているというのを見てさらに驚きを隠せません。(参考ページはこちら→収入以上に借りてしまった顛末

もしかすると、うまく利用することで貯金ができたり資金をうまく回せたりすることができるのでしょうか?カードローンを利用されている方は何のために借りられているのでしょうか?

何のためにお金を借りるの?

今の時代、お金に困って借りるという人の方が少ないでしょうね。クレジットカードは持っておられないですか?クレジットカードも借金になります。自分が欲しいものを買うのに立て替えてもらって商品を購入しているわけですよね。それが立て替えか現金で借り入れているかの違いです。

カードローンもうまく利用すれば貯金ができます。買い物を貯金買ってしまうと金がなくなりますが、カードローンを使えば貯金を手元に残したまま欲しいものが手に入りますよね。そして、月々の返済額を少額におさえることができれば、生活が困ることもなく負担なく返済もできて一石二鳥と言えます。

年収が多い人がカードローンを利用しているのは、人にもよるとは思いますがうまくお金を残しながら必要なところで利用しているのだと思います。もしくは単純に収入が増えた分だけ出費も増えてバランスが取れてないのかもしれませんが。

今はほとんどの人が躊躇なくカードローンなどを利用しています。そのほとんどが遊ぶお金で、生活費のために借りる人の方が少なっていると思います。
(⇒カードローンの用途について考える

カードローンの実態と借りるに対する感覚の変化

金融を取り巻く環境が日々様相を変えている現在にあって、特に「お金を借りる」感覚が希薄傾向となりつつあるように思うのです。元来お金を借りることは、事業資金等に限定されておりましたが、近年の感覚では「お金は借りて使う」が極普通の感覚で行われるようになりました。けれど、お金の貸し借りはもっと別な次元で行われるべき、と思うのです。お金とは、汗し取得した報酬である。と定義すべきであり、お金を扱う銀行は貸す事に対し、様々なハードルを設けることで、借主との関係を維持発展させる姿勢を再構築すべきしょう。

特に、現在のカードローンは「来店不要・簡単書類・所得証明不要」等々、ハードルを低く設定する事で新規顧客を獲得すべく神経を集中しているようにも見受けられるのです。極端な例では、新規加入すると現金を差し上げます。等の宣伝文句を見ると、金融の使命とは何か?と痛切に感ずるのです。その様な環境にあって、借りる側の姿勢も、計画性等何処吹く風、足りなくなったから借りる風潮となり、金利も安くないので借入金は雪だるま式にふくらむことで返せなくなる。そこで様々な問題が浮上する。借主は、このパターンに簡単に染まる事となるのが現在風カードローンの実態と言えるでしょう。(参考ページはこちら→カードローンが返せなくなってしまう要因について

一昔前には、銀行と現在のカードローン的存在としてサラ金業者が居たのですが、その領域は、はっきりと色分けされていたのです。よって、サラ金からお金を借りる時には「身構える」姿勢がありましたが、現在では銀行系のカードローンが多い事から。色分けがボケる傾向となり、銀行でお金を借りている感覚でカードローンを使用するのですが、銀行と比べた場合の金利には格段の差があることを忘れているようにも思えるのです。借りる側にあっては、銀行系であっても、金利に差があること。銀行で借りているのではない事。借りたら、金利と元金を返さなくてはならない事。を強く再認識する姿勢が必要であり、銀行を含め金融側にあっては「顧客との共存」に主軸を変えることが求められと思うのです。

【参考ページ】
カードローンの借りすぎはどんな失敗を生む?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.