一般的なカードローンの平均金利は今どのくらい?

一昔前に比べて法律も変わったことでかなり金利が落ちているというように聞いています。消費者金融も銀行系カードローンもたくさん出てきているので、それらの競争もあるので金利は昔の水準に比べると半分以下になっているという話も聞いたことがあります。

実際の金利というのは消費者金融や銀行系カードローンではどのくらいなのでしょうか。平均金利というものがあるのであれば教えてもらいたいと思います。

二種類の平均金利があり銀行系カードローンのほうが低い

今のところおっしゃるように消費者金融系と銀行系カードローンの二種類が存在し、その2つで平均金利が存在しています。どちらかと言うと平均金利で言えばまず銀行系カードローンのほうが低めに設定されていると言えます。これは銀行系カードローンのほうが厳しい審査になっていて、利用できる人を選んでいるからではないかと考えられます。

一方の消費者金融は多くの利用者を昔から受け入れてきていますから、そのために金利が高めになっているのでしょう。ただし、最近は法律上金利も上限が設けられていて、かつ総量規制というものがあるので無職の人などには貸出ができなくなっています。ですので消費者金融は誰かれ構わず貸出をする、というような状況でもなくなっているようです。(参考ページはこちら→カードローンに関わる総量規制の決まり

平均金利もそこに関係しているようで、消費者金融の平均金利は基本的に法律の上限いっぱいまで設定されています。ですから18%程度になっていて、これよりも低いと言ってもコンマ%だけ低くなっている程度です。一方の銀行系カードローンはここから更に低くなっていて、だいたい15%程度が平均金利になっているようです。大手も地方銀行もそれくらいの金利が多いように見えます。

ですから銀行系カードローンがいいというのもよく分かるんですが、銀行系カードローンが必ずしも誰もが使えるものではないという点も重要です。平均金利が高いということは、金利が低いところよりも審査が厳しいということと同義ですので、自分の信用力に合わせて借り入れをする場所を選ぶといいでしょう。

【参考ページ】
銀行と消費者金融のカードローン比較材料

カードローンの平均金利を知ってより良い融資を受ける

カードローンの平均金利を知って、より魅力的な融資を受けることが賢明な手段だと言えます。元々、カードローンには金融機関が請求できる利息の上限が存在します。これは法律によって規定されているものですので、たとえお金を貸すことが出来る金融機関とは言え勝手な判断で利息を必要以上に請求して良い事にはなりません。規定を破ると行政処分の対象になってしまうからです。

では、基本的にこうしたローンの平均金利と言うのはどの程度なのでしょうか。これは上限金利をきちんと知っておくことでだいたい見当がつくようになります。金利の上限と言うのは融資の金額によってそれぞれ異なっていますので、上限金利に近い金利を設定しているときには割高と言うことがわかりますし、それよりも遥かに小さい金利の時には魅力的なサービスだと簡単に判断できるのです。

具体的には、10万円未満の融資のサービスでは上限金利として20%まで設定することが出来ますが、それ以上の元金を融資するのならば18%が上限となります。さらに、100万円以上の融資になると15%が上限としての限界になりますので、金額におけるそれぞれの上限の限界値を知っておくことで、より有利なサービスを受けることが出来るようになります。

そして、こうした金利の上限と見比べて金利が割高になっていると判断するのならば、後から異なる金融機関を利用して借り換えを行うことも可能です。自身が現在抱えている借金の金利よりも低い金利のローンを利用することによって、実質的な借金を減らすことが出来るようになります。この借り換えは大手の金融機関でも実施していますので利用しない手はありません。

このように、カードローンの金利と言うのは上限金利を知っておくことでその金額の平均金利がわかるようになっています。個別具体的に検討するのであれば必ず融資の元金がどの程度かを知らなくてはいけませんので、自身が借りようとしている金額がどの程度なのかを含めて考えなくてはいけません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.