カードローンの経験談はどこに行ったら聞けるんでしょうか?

一人暮らしで好き放題してたら貯金が底をついてしまい、毎月ギリギリ生活になっちゃいました。カードローンに助けてもらいたいんです。でもお金を借りるのは生まれて初めて。

僕みたいな状況の人がどんなふうにカードローンを使っているのか、借り方や返し方の実際のところを知りたいんです。こんなカードローン体験談ってどこで探せばいいんでしょうか?(参考ページ→返済に関する体験談はこちら

体験談はブログや質問サイトで読むことができますよ!

カードローンのことは自社サイトを隅々まで読むとその商品の性質はよく分かるけど、実際の使い心地はまた別ですものね。リアルな体験談を聞いてみたいというのは、カードローンをこれから利用する人ならば誰もが一度は考えることかもしれません。本当は周囲にいるカードローン体験者から直接聞けるといいのですが、自分からカードローンユーザーであることを打ち開ける人は少数派です。内緒っていうほどじゃないにしても、敢えて人前で話すことはないのが一般的なようです。

じゃどこで体験談を読めばいいのかといえば、やはりネットということになります。ブログではカードローンの利用をワンテーマにしたものもあるし、SNSや掲示板でも特定の業者や借り方についてのスレッドが多数存在しますよ。また質問サイトにも同様の質問や回答が多数寄せられているので、こちらも参考になるでしょう。
(⇒カードローンにまつわる体験談を探してみよう

このような体験談は読む一方でもいいんだけど、こちらからも書き込んだり質問をすることもお勧めです!既にあるもので納得できればいいけど「ここんところが聞きたい」「こういう時はどうすればいいか」という細かい状況に応じた回答が欲しい場合は、検索して探すよりもズバリ自分で質問を投げかける方が手っ取り早いです。それに体験談は、ネットにはかなり旧いものもそのまま残っていますよね。自分から書き込めば必ず最新情報が手に入るので、その点でもお勧めです。

例えば現在消費者金融の上限金利は20%だけど、改正前の29%代だった頃の書き込みを読んでも、何だか話がズレてきてしまいます。また数年前にあったカードローンが今はもうないなんてこともよくある話。当時使えたサービスが使えなくなったり変更したりってことも珍しくありません。体験談を読む際には、投稿時の日付のチェックは習慣づけておきましょう。

また体験談は非常に役に立つ一方で、投稿者にとって都合のいいことしか書かれていないことが多いんです。「あの業者で審査を受けたら散々待たされて落とされた。対応も最低」なんていう書き込みがあった場合も、これを読むとその業者の対応しか書いておらず、投稿者である当人については一切触れられていません。でも実際には落ちるのも当然な属性の悪い人かもしれませんよね。電話対応も、そもそもこの人の態度が悪かったという可能性もあります。

つまり体験談は客観的な意見に見えても、実際には偏りや偏見も多い主観的な感想でもあるんです。また勘違い、思い違い、記憶違いも当然ありますし、だからといって投稿者には責任はありません。それを判断するのが読む方の責任だからです。こうことを頭において、必ず脳内補正しながら読むことが大切ですよ。

ウソかホントか?カードローンの経験談を検証

どんな時代でも、一部を除いて大半の学生は、お金がないものです。2000円でも、1000円でも、学生にとっては大金なのです。通常の生活を送る分には、備えもあるでしょう。しかし、そこに急な飲み会などが入るのが学生です。今月は、あと1000円しかないというときに、飲み会の誘いが来たら、どうにもならないのです。しかも、翌週も別の飲み会が入ってしまったり、など。

そのような事態に対応できるのは、もはやカードローンしかないのではないでしょうか。カードローンは、自分に設定された上限枠の範囲内であれば、いつでもコンビニATMなどから引き出せる便利なローンです。一時的な出費に、大いに役立ちます。翌月から、無理のない返済計画で返していけば良いのです。返済途中で、また臨時出費が発生した場合も、やはり上限枠までの範囲内であれば、引き出し可能です。借入の都度、再契約が必要な従来のローンに比べれば、その利便性は非常に高いものがあります。通常の消費者金融の融資に比べて、金利も低めに設定されています。しかし、そこまで好条件になってくると、少々疑い深くなってしまいます。カードローンの経験談などは、一体本当の話なのでしょうか。

カードローンとは、借金の一種です。したがって、審査を通過しなければ契約できません。その審査ですが、なんと本人確認書類を提出するだけでいいのです。免許証や保険証などのコピーを出すだけです。あとは、本人に安定した収入があれば、それで審査は通常はパスします。安定した収入とは、その金額を問うているのではありません。安定性が審査対象です。週3回の牛丼屋のアルバイトでも、週3回分の収入の安定性があります。だから、学生でも借りられるのです。経験談の話は、本当でした。もちろん、借金はしないに越したことはありません。しかし、人は、いつ何があるか分かりません。まずは、いつでも、どのような事態にでもすぐに対応できるよう、準備としてのカードローンを組んでみてはどうでしょうか。利用しない限りは、金利を請求されることもありません。急な出費を惜しむことで、大切な人脈が失われるのは、特に若いうちは避けるべきでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.