銀行カードローンを使って失敗した体験などはありますか?

銀行カードローンのいいところは消費者金融の比較なんかでもよく聞くのですけれども、銀行カードローンも全てがいいわけではないと思います。表があれば裏があるように、いい時も悪い時もあると思うんですが、銀行カードローンを使って悪いことがあったというような体験談というのはありますか?あまり口コミでも見かけたことがないのでいいものがあれば知りたいです。(参考ページはこちら→銀行と消費者金融の比較をしてみる

銀行カードローンの悪い体験談は少ない理由は使い方だ

銀行カードローンの悪い体験談、失敗したという話などはほとんど見かけないのには理由がちゃんとあります。それは銀行カードローンそのものが悪いというものではないということです。消費者金融でもそのような失敗した体験談はだんだんと減ってきていますし、金利もどんどん下がっている点を見ても問題はないでしょう。

しかし銀行カードローンにしても消費者金融にしても悪い体験談が全くないということはありません。少しはそういうものがあるのですが、それはどうして悪い体験談として存在するかというと、使い方に問題があるからです。銀行カードローンでも消費者金融でも使い方に問題がある人は悪い体験談というものを口コミに書いていたりします。(参考ページはこちら→カードローンの口コミをチェックする方法

例えばギャンブルに使ってしまってそれが原因で苦しい生活をしているという人もいれば、銀行カードローンを使ってブランド物を購入したのでお金がないから大変、借りなければよかったというようなことを言っている人もいます。こういう人は明らかに使い方に問題があり、銀行カードローンだろうが消費者金融だろうが、はたまた銀行のフリーローンであろうが同じような失敗を繰り返すでしょう。

ですから使い方がどうなのか?この一点だけを気をつけておく必要があるというわけです。銀行カードローンも消費者金融もその点は一緒ですから、悪い口コミを見れば「これはこの人の使い方に問題はなかったのか」と考えながら読んでみてください。たいていの場合その使い方にかなり問題がある時がほとんどですから。銀行カードローンも消費者金融もそれ自体は罪がないのですから。

銀行カードローンの体験談を斬る!

最近は本当によく、銀行や消費者金融のカードローンの宣伝を見かけるようになりました。利用している人も多く、その体験談などを見ると、学生でも借りられたとか、主婦でも大丈夫でしたとか、審査が緩かったとか、即融資してくれたとか、良い話ばかりです。急な出費に、即対応でき、かつ上限枠までなら、いつでも、何度でも借入可能というのが特長です。しかし、従来のローンを知っている人間にとってみれば、これほど都合の良い借入には、何かウラがあると思ってしまうでしょう。
(⇒本当に主婦はお金を借りられるの?

借入のシステムは上記の通りで間違いはありませんので、問題は、審査です。審査さえ通過すれば、このような便利なローンを利用できるというわけです。カードローンの審査は緩いという声が多くありますが、本当でしょうか。カードローンの審査は、大きく2種類があります。一つが身分証明、もう一つが在籍確認です。前者は、本人確認書類を提出することで完了です。運転免許証やパスポート、健康保険証などでもパスできます。後者は、職場への確認の電話です。本当にその職場で働いているのか、金融機関が電話をしてきます。その電話には、本人が出なくても構いません。誰か別の人が出て、「只今席を外しております」と応えてくれる程度で、在籍の確認とされます。もちろん、金融機関はプロですから、それが借金に関する電話だとはバレないようにしてくれます。
(⇒本人確認に必要なこと

在籍確認が取れれば、安定収入があることの証拠ともなります。次の審査は、と皆思うのですが、実は、カードローンの審査はこれで終了です。もちろん、直近で金融事故のあった人などは、難しいでしょう。しかし、アルバイトでもパートでも、安定的な仕事に就いていれば、それだけで審査を通過するというのは、どうやら本当でした。これは、とても便利なシステムです。急な出費など、人は生きていれば必ず年に数回は経験します。カードローンを利用すれば、急な出費は急ではなくなり、年間通して出費を均等にならすことができるのです。利用しない手はないでしょう、というのが結論です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.