サラリーマンが銀行カードローンを使う理由

キャッシングベスト3

サラリーマンが銀行でカードローンを使用する理由は何ですか

実は、最近彼ができたんですが、その彼が時々銀行のカードローンを使っていることを知ったんです。浪費家なわけでもないし、すごく不思議で。それでさりげなく理由を聞いてみたら、車のローンを組んでいて普段ギリギリの生活をしているから、付き合いの飲み会の費用や交際費が厳しいことがあって使うことがある、と言っていました。確かに、お付き合いのある世界だから大変なんだろうな、と思うんですが、銀行のカードローンを使っている人が多いと聞いたことも気になるところです。なぜサラリーマンは銀行でカードローンを利用するのでしょうか。
(⇒車ローンとカードローンは両立可能か

急な出費に備えられ、さらに銀行なら行きやすいからです

サラリーマンって、お付き合いがあったり、取り引き先の目があるから行動に気をつけなければいけなかったり、何かと気を遣う職業よね。それに、仕事がらみの飲み会やゴルフ、釣りなど、給料が出るわけではないのに行かなければいけないこともあって、急に予定外の出費があるものでもあるの。さらに、結婚式なんかがあったりしたら、お祝い事ではあっても出費につながることは否定できないわよね。そういう理由でカードローンを使っている人も多いのよ。それに、サラリーマンは正社員だし継続して収入があるとみなされやすい職業だから、審査に通りやすいこともカードローンを使っている人が多い理由かもしれないわね。でも、そういうお付き合いも関係している職業だからこそ、お金を借りていることを人に知られるわけにはいかないという部分もあるのよね。もし、お金に困っていると知られたら飲み会の誘いも無くなるかもしれない。そうなると、職場での人間関係を考えても、あまりいいこととは言えないわよね。それに、万が一取り引き先の人に例えば消費者金融のカードローンを作っているところを見られたりしたら、それが悪影響になることも考えられるわよね。その点、銀行だったら振り込みや預金の引き出しなど、お金を借りることとは別の用事で利用することも多いから、行っているのを見られたとしても不自然ではないわよね。だから、銀行のカードローンの方が使いやすいし、また金利を考えても審査に通りやすいのだったら金利が低い銀行のカードローンを選んだほうがお得に借り入れができるから、それも関係しているのかもしれないわね。最近では銀行であってもネットですべての取引ができるところもあるから、時間を気にする必要もないわよね。以上のような理由でサラリーマンでもカードローンを使うこともあるし、銀行の方がより選びやすいということもあるのよ。

【補足】
銀行に比べて消費者金融は何がダメなのか?

サラリーマンが銀行でカードローンを使用する理由は何故なのか

無数の金融業者があり、お金を借りたい時に消費者金融や銀行等がありますが、サラリーマンが銀行でカードローンを使用する理由は何かというと、条件設定の良さです。サラリーマンの場合は金融業者の審査に通りやすいという利点があります、そして消費者金融を選んでお金を借りるよりも、銀行で借りた方が低金利設定で借り入れが出来ますし、銀行の方が融資枠が広いので余裕を持って利用する事が出来ます。(参考ページはこちら→銀行カードローンについてもう少し詳しく

消費者金融を利用するサラリーマンも居ますが、銀行を利用出来るのに消費者金融を利用するという利点は少なく、無金利サービス等の特殊なサービスを使う時に活用したり、審査が柔軟で対応が早い特徴がありますから、急な出費対応に利用する時等には利点がありますが、長く利用する時には銀行カードローンを活用した方が有利な事は多いです。大きな借り入れで、返済期間が長引くような借金の場合は、銀行で借りた方が安全ですし、負担も小さくなります。審査に関しては銀行は厳しいと言われますが、安定した収入の流れを持っている方は、審査に通りやすく、サラリーマンのように毎月給料が確実に貰えるような立場の方は審査に通りやすくなります。

会社への在籍年数が長くなると、信用も上がって返済能力が高いとみなされやすくなりますし、高収入でも収入が不安定な自営や個人事業主よりも、サラリーマンの方が返済能力が高いと見なしてくれる金融業者です。他社に借り入れが少なく、過去の返済履歴も悪くない、その上で在籍年数の長いサラリーマンなら、カードローン審査には大手銀行でも通る可能性は高いですし、すぐに完済するような利用の場合は、高金利の消費者金融でも良いですが、やはり返済までの期間が長くなる時は、低金利で利用出来る銀行カードローンは有利です。そして消費者金融のように年収の3分の1以上は借金出来ない、総量規制のような規制も銀行には無いですし、銀行カードを一枚持っておくと便利で安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.