銀行系カードローンなら無職でも借りれるか

キャッシングベスト3

銀行系カードローンならば無職でも申込める場合があるんですか?

せっかく資格をとったのに就職できなくてまだ無職です。生活資金も底をついてきたので、最近いよいよお金を借りる気になってきました。無職じゃどこでも無理ですよね。

でも銀行系カードローンなら無職でも申込めるとどこかで聞いた覚えがあります。これってホントなんでしょうか?自分でも何とかなるといいんだけど。
(⇒無職でも何とかなる融資の使い方

銀行カードローンは専業主婦と年金生活者ならOKです

消費者金融の分類として、大手銀行がバックにある業者のことを「銀行系」消費者金融とか「銀行系」カードローンと言うことがありますが、いずれも消費者金融であることには変わりありません。消費者金融はご存知のように総量規制がかかりますから、本人に収入がないと審査を受けることができないんです。無職の人は消費者金融でお金を借りることはできません。

ただしこれには例外があって、専業主婦の場合は本人の年収はゼロでも、配偶者の年収で審査を受けることができます。それでも配偶者の同意書や婚姻関係を証明するものを提示することが必要で、通常よりも審査手続きが複雑になります。そのため全ての業者が専業主婦の審査に対応している訳ではありません。例外として認められている専業主婦ですら、どこでも審査を受けるという訳にはいかないんです。

同じ無職でも、年金生活者は専業主婦のような例外扱いにはなりませんので、年金以外に収入がないと審査を受けることはできません。ただし、年金生活者でも配偶者がまだ現役ならば、専業主婦(主夫)として審査を受けることができますよ。

一方で銀行のカードローンならば、消費者金融とは違って総量規制はかかりませんので、収入がなくても審査への対応は穏やかです。ただしそれは専業主婦や年金生活者についてのみ言えることで、それ以外の無職の方への対応は、消費者金融同様難しいでしょう。

お金を借りるには、パートでもアルバイトでも、何らかの形でお金を稼いでいることが必要になります。これは消費者金融であれ銀行であれ同じことで、本人に収入があることが大切であるということは変わりません。その中で例外として専業主婦と年金生活者があるのですが、どちらも実質的には収入があるのと同等の立場だからこそ、例外として認められているのでしょう。

それに当てはまらない無職の方の場合は、やはり収入を得ることが先決です。無職のままお金を借りることは、例え借りれたとしても返済に困って自己破産ということにもなりかねないでしょう。まずはハローワークに求人登録をすることをお勧めします。生活が立ち行かなくなれば、ここで国の支援を申込むこともできますよ。

無職の人の銀行系カードローンの利用について

銀行では消費者金融のキャッシングと同様のサービスとして、銀行系カードローンのサービスを提供しています。銀行系カードローンでは、銀行の他のローン商品と比べて利用にあたっての申込みの手続きは非常に簡単なものになっていますが、だからといって誰にでも無条件にお金を融資しているわけではありません。実際にお金の融資を受けるためには各銀行ごとに設けられている所定の審査に通過する必要があるのです。審査の内容に関しては各銀行ごとに所定の審査基準があり、公表されているわけではありませんが、どこの銀行でもカードローンの利用にあたっては必要最低の条件として安定した収入があるという点が重要視されています

もしも、収入のない人や安定していない人にお金を融資した場合、そのお金が確実に戻ってくるという可能性は安定した収入のある人と比べて低いものになります。銀行としても慈善事業としてお金が必要な人に融資を行っているわけではないので、融資したお金は確実に返してもらわなくてはならないのです。そのため、銀行系カードローンの利用を希望する場合には、安定した収入があることが必要最低限の条件となっているのです。そこで問題となってくるのが無職の人の銀行系カードローンを利用についてです。

無職の人のなかには年金や家賃収入などで安定した収入がある人もいれば、それまで蓄えてきた貯蓄を切り崩したり、あるいは家族の援助を受けている人もいます。無職と一口に言っても収入がある人もいれば、全くないという人もいるので無職の人が銀行系カードローンの審査に通過しないと言い切ることはできません。すべてが申し込み先の銀行の判断次第となります。銀行によっては支給される年金や家賃収入などについては安定した収入とみなす場合もありますが、反対に安定した収入があるとはみなされない場合もあります。また、年金などが安定した収入として認められた場合でも、返済完了時の年齢によって審査に通過しない可能性があるという点にも注意が必要です。

【参考ページ】
無職でもカードローンを使えた決め手とは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《カードローンブラック》最後のチャンスだ!これなら借りれる!? All Rights Reserved.